FC2ブログ
私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

中国のヤジ・反日感情;サッカー日本代表試合で:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

中国のヤジ・反日感情;サッカー日本代表試合で


中国の重慶で行われているサッカー東アジア選手権。
サッカーファンの反日感情ということで、ファンたちが、反日のヤジを叫んでいるシーンをテレビのワイドショウが映し出していた。

日本vs中国の試合のときは、「ここ重慶は、日本軍が爆撃したこともあり、歴史的な背景から、反日感情が・・・」という解説を行っていた。

さて、反日のヤジの内容だが、なんと、「仔犬」というもの。(テレビの翻訳によると)
つまり、日本に向かって、反日感情につき動かされた中国のサッカーファンたちが、「仔犬」「仔犬」「仔犬」「仔犬」と叫んでいる。

なぜ、日本に向かって、「仔犬」というヤジを飛ばすのか。中国語で「仔犬」とは、どんなニュアンスがあるのか。

僕には中国語は分からないけれど、少なくとも、反日感情の主要な原因が半世紀以上昔の爆撃であるとするならば、「仔犬」というヤジにはならないだろう、という気がする。

中国を敵だと思うにしても、味方だと思うにしても、なぜ反日感情をもたれているのか、理解することは、重要なこと。
敵を知らなければ勝てないし、相手を知らなければ、仲良くも出来ない。

興奮状態にある観客の野次。
一般論でいえば、こういうところにこそ、深層心理―本音が表れるもの。

ネットで「日本」「仔犬」「中国」とか、探してみたけど、これを話題にしているものは、残念ながら、見つからなかった。そこで、以上、ご紹介まで。
関連記事

  1. 2008/02/23(土) 11:57:35|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<絵本「悪と罰」 今日のお絵かき | HOME | 罰をテーマの絵本、今日のお絵かき>>

コメント

かっさん、こんにちは。お久しぶりです。
妖怪のお話、面白いですね。本質をついているようで。

悪と罰のこと、ありがとうございます。
まあ、とにかく絵本をいっぱい書いていこうかなと思っています。(^^)
  1. 2008/02/24(日) 00:37:32 |
  2. URL |
  3. 東郷 #-
  4. [ 編集]

アメリカ(親犬)のポチ(仔犬)という意味ですかね?

本でも新聞でも何でもそうですが、特にテレビは多分に一般の善良な?人達を何某かのご都合、魂胆で誘導したいというのがあって流されてると思いますから、なんだかそれが見える様な気も。。。

ところでむかしのテレビ番組で「河童の三平」っていうのがあって、妖怪が三平を母親の姿で誘い出して殺そうとする場面で、妖怪は「苦しめて殺してやる!ホラ、もっと憎め!口惜しがれ!」とかいうのですが、三平は「お母さんと同じ顔をした人を疑いたくなかった」とかいって敵の妖怪を憎めなくて、それで妖怪は三平を殺す事が出来ないというストーリーなんですけど、ちょっとおもしろかったです。

悪と罰、楽しみにしています。
一般的に罰にも良い罰と悪い罰があるという認識だと思いますが、その判断基準とその出どころについて考えて貰える様な絵本になって欲しいです。
  1. 2008/02/23(土) 20:54:22 |
  2. URL |
  3. かっさん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/556-bde6c4b1
















































当サイトと無関係の広告;[