FC2ブログ
私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

善悪の錯覚? 洗脳?:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

善悪の錯覚? 洗脳?


問題にしているのは、善悪の錯覚であって、善悪ではない。 ・・・そんなスタンスでずっとやってきたけれど、実は最近、少し違和感を持っている。

善悪の問題は、錯覚だけではない。子供の頃から繰り返される暗示効果。悪を憎むといった感情への働きかけ。そこには複雑なマインドコントロールのメカニズムがある。

それを善悪の錯覚といってしまうと、過小評価につながりうるのだ。

今まで、「善悪」を問題としているわけではない、としてきたのは、いうまでもなく、善悪を問題にすると、あまりにも直接的になって反発されることを危惧してのことだ。反発されるのが怖いというより、反発されることで、見てもらえなくなることを恐れてのこと。
最初から入り口を閉ざされたくない、ということが理由だ。

善悪を大事にしている方にこそ、絵本を読んでもらいたい。そう思って、オブラートに包んで、「善悪の錯覚」といった表現を多用してきた。

けれどそれではインパクトに欠ける。過小評価につながる。善悪の危険を除去するという目的に本当に沿っているのか?

今現在、本体WEBでは次のロゴを使っている。

141a.gif


これを洗脳に変えればこうなる。

141b.gif

洗脳の方がインパクトがありそうだなあ。。。
変えるとなると、結構、あちこち影響がありそうだが。
関連記事

  1. 2019/10/31(木) 17:38:56|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
<<より直接的な言葉でトップページを書き換え | HOME | 次作「僕はイジメっ子」、ストーリー作り>>

コメント

追記

「善悪を捨てなさい」「罪を捨てなさい」 こんな風に言うと新興宗教の教祖様みたいだなあ。^^;;  インパクトは強そうだけど。😅

とはいえ日常の心構えとしては、「善悪を捨てる・使わない」という方が、「善悪の錯覚に気を付ける・気づく」よりも、より実態に即してはいるのだ。心の中の発想として、善悪を捨ててしまった方が、大切なものが見えやすい。

「罪」という錯覚もまたかなり厄介なものだが、その錯覚を破るためには、「罪を捨てる」という覚悟が大変に有効なことも事実。

う~~ん、だけど教祖様みたいな言葉遣いをすることには、正直、抵抗があるなあ。^^;;; 

もう少し悩もう。^^
  1. 2019/10/31(木) 18:08:25 |
  2. URL |
  3. 東郷 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1857-01275689
















































当サイトと無関係の広告;[