FC2ブログ
私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

楽しい仕事:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

楽しい仕事


平和の絵本の作業をしていて、「世の中にこれほど楽しい仕事は無い」と思うことがある。

いや、実際、大半の作業はコツコツと退屈で地味なものなのだ。
ほとんど反応無いし、サポーター増えないし、目は疲れるし、肩も腰も痛くなるし、お金は何百万円も赤字だし。

運動を始めたころは、「なんでこんなに反応が無いのか?」と不満も感じた。
とはいえ15年も超マイナーで居続けると、反応の無さも楽しい。 ・・・なぜか?

それほどまでに難しいことに取り組んでいると実感できるからだ。 そのことを僕自身、理解してきたのだ。
これは天動説を地動説に置き換えるようなこと。水の中に暮らす魚が、水を客観視するようなこと。生まれたときから善悪が支配する世界に暮らす我々が、善悪を客観視するのは容易ではないのだ。

「善悪二元論は危険だ」ぐらい言う人はいる。けれど、なぜ善悪二元論が危険なのか、きちんと説明できる人は少ない。人類の人為的な悲劇のほとんどが善悪の錯覚/世界観を原因としているとまで言う人は、まだ見たことがない。

善悪中毒/錯覚は、まさに人類を数千年間も苦しめてきた心の病。 それは強い伝染力を持ち、言葉だけで感染する。そして個人の心の葛藤から、戦争まで引き起こす。この心の病を治せば、人類の未来はバラ色だ。人為的な悲劇のほとんどは解決できるだろう。善悪が支配しない世界を見たことが無いので、断言はできないが自信はある。

むろん、陰謀があってもだ。カバールだ、イルミナティだ、DSだと議論は盛んだが、病んだ社会で陰謀があるのは当たり前。陰謀もまた善悪中毒の一つの症状に過ぎない。心の病が治れば、何を好き好んで他人を不幸にし自分の心を傷つけるだろう? ・・・そう、陰謀の中心にいるのは、心を深く病んだ、孤独に苦しむ「人」に他ならない。

たった一人でと言えば、サポーターの方に申し訳ないが、根っ子の原因を取り除く作業に人生をかけてフルタイムで取り組んでいるのは地球上で、もしかすると僕一人じゃないかと思うこともある。つまり、人類の歴史を変える作業/超重要な作業をずうっと一人でやっている。今の世界を変えることはできないが、未来の世界なら変えられる。

・・・こんな風に自分勝手に思い込めば(この思い込みは誰にも迷惑を掛けないww)、PCに向かう、地味で退屈で孤独な作業が、「世の中にこれほど楽しい仕事は無い」仕事へと変貌する。

この楽しい仕事をやりたいと思うなら、まずは善悪の錯覚について、理解することが必要だ。けれどそれは簡単ではない。僕自身、全てがわかっているわけではないし、ここまで見えるようになったのにも、海外への移住/異文化体験、何十年の瞑想、さらには子供の頃からの善悪への興味があった。

一人で楽しんでいて申し訳ないようにも思うのだが、こればかりは僕の責任では無かろう。 理解を広めるために出来ることはしているのだ。 15年もコツコツと。

申し訳ないが、これからもしばらくは一人で楽しむつもりだ。^^





関連記事

  1. 2019/07/18(木) 15:06:20|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<怒りをテーマに13本 | HOME | 1人で興奮:僕のアルアル話>>

コメント

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1839-4d39be55
















































当サイトと無関係の広告;[