私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

善悪中毒三部作の見直し:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

善悪中毒三部作の見直し


善悪中毒三部作の見直しを行っている。
切っ掛けは(すでに公表されたので、ここで書くことが出来るようになったが)善悪中毒の出版元のリベルタさんが出版活動を終了されたことだ。⇒リベルタ出版WEB

このままでは、善悪中毒という本は世の中から消えてしまう。そこで慌てて別の出版社さんに声をかけ、改訂版を作ることにしたのだ。善悪中毒の原稿を書いていたのは、もう15年も前のこと。改訂版を書きたいという気持ちもあった。

善悪中毒の改訂版の原稿はほぼ完成。新しい出版社の方とお話をしている。正直に言えば、自分でもここまで書けるか、と感心。(笑) 2004年から善悪についての絵本を描き続けて来たのは大いに役立ったと思う。

2000年の幻想隣人を愛せずは、現在、デジタル版のみを販売しているが、できればこれも紙ベースにもっていきたいと出版社さんと話して、見直しを行っている。

完成度は、やはり書いた時期で異なっており、今の自分が見る限り、昔の善悪中毒が一番低く、次は2000年の幻想隣人を愛せずは、かなり完成度が高く感じる。

売れる、売れないという視点ではない。自分の言いたいことをどれだけ書けたか、という視点からだ。出版社さんには申し訳ないが、善悪中毒三部作は平和の絵本の運動の思想的土台という位置づけとなり、商業目的を第一には出来ない。

善悪中毒は、さらっと斜め読みすることができ、欠点もすぐに見える。ああ、ここのところ、まだ考えが浅かったなあ、と。当時は、あれで目いっぱいだったが。^^;;
けれど、2000年の幻想隣人を愛せずは、自分でもさらっと読めない。気が付くと、本を置いて「ああでもない、こうでもない」と考えだし、さっぱり前に進まない。 隣人を愛せずに至っては、自分で書いたものであるにも関わらず、かなり集中して本の世界に入り込まないと、途中でついていけなくなる。^^;;

・・・まあ、それが最大の欠点なかあ。当時はずいぶんとイラストを入れ分かりやすくしたつもりだったが、まだ、足りない。今どこを読んでいるという、タグも必要かなと思う。ややこしいのだ。

隣人を愛せずは、もっとイラストをたくさん入れタグを増やせば、文章そのものを大きく変えなくても、なんとかなるかな。2000年の幻想は、文章からしてかなり書き換える必要がありそうだ。

一神教の勉強もしていて、ユダヤ教やイスラム教についても、色々書きたいことが出てきているのだけれど、これは4冊目として新しく書くことになるかなあ? それとも2000年の幻想隣人を愛せずに書き加えることになるのかなあ?  ・・・まだちょっと分からない。
関連記事

  1. 2018/06/06(水) 16:04:27|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「二千年の幻想」の書き直し | HOME | ひたすら読書>>

コメント

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1793-cf62c3f4
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad