私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

長崎原爆の日によせて:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

長崎原爆の日によせて


今日は長崎原爆の日。

原爆投下直後(August 11, 1945 となっていますので二日後)、トルーマン大統領は、日本人をbeastと表現した手紙を書いています。

→トルーマン大統領の手紙 

日本人を獣だと思ったからこそ、2度もの原爆投下が出来たのでしょう。恐ろしいことです。
しかしながら、3度目が無いという保証はどこにもありません。起きてしまったことを変えることはできませんが、次の核兵器の使用を未然に防ぐ努力は可能です。

そのためには、なぜ人間を獣などと思う「妄想」が生まれてしまったのか。それを究明することがとても大切ではないでしょうか。
原爆投下は鬼畜の所業です。しかしながら、トルーマン大統領は鬼畜ではなく、悪魔でもなく、我々と同じ人間です。
人間を鬼畜だと思うことは妄想に過ぎず、核兵器使用の予防・原因究明とは、全く無関係のことです。

差別に関する18本の絵本です。じっくりとお考えになっていただければ、幸いです。

→差別に関する絵本集

黙祷・・・


関連エントリー;二発目の原爆
関連記事

  1. 2017/08/09(水) 12:47:40|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<「罪」に関するあなたのイメージをお聞かせください | HOME | 次の絵本は、罪と罰の錯覚>>

コメント

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1764-43fa1bab
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad