私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

新作絵本「罰は敵を生む」アップ:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

新作絵本「罰は敵を生む」アップ


新作絵本「罰は敵を生む」をアップしました。
またご感想なりお聞かせください。

⇒絵本「罰は敵を生む」
関連記事

  1. 2017/04/27(木) 13:23:44|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10
<<新作絵本「罰は闇を生む」アップ | HOME | 平和の絵と新作絵本のアップ>>

コメント

>最近では、精神的な不安定さも、かなり落ち着きつつ、しかも積極的でもあるという、理想的な状態へと近づいているように思います♪

素晴らしいですね!(^^)


>どうも「重大すぎて、逆に、ドン引きされ、拒絶されてしまう」という具合になってしまう


僕も周りの人と善悪中毒について話すなんてことは、まず無いです。

みんなそれぞれに個別の「時間割」があるんですよね。音楽の授業時間に算数の勉強はしないというように。
たとえば失業して職探しをしているとき、善悪中毒の勉強はしません。それどころじゃないだろって。^^

でもタイミングがあえば、それはその人の人生も変える気づきになるでしょう。いつかは世界を変えるところまで持っていきたい。いつかは受け取って貰える土壌が出来ると思う。
じっくりのんびり、ですね~(笑)
  1. 2017/04/30(日) 13:23:34 |
  2. URL |
  3. 東郷 #-
  4. [ 編集]

約3年半前の東郷さんのコメント覚えてますよ^-^
どうしても人生に行き詰まっている時に、この平和の絵本の活動の事を知って、とても勇気づけられた事も・・・
ただ、それでも、もともと躁鬱の傾向があるし(医者から躁うつ病だと診断されたわけではありませんが)生きてると、やっぱり色んな境遇に直面してしまって、善悪中毒の事も何もかも全てを放り出したくなってしまう事もあります(汗)

身内からも、よく「善悪中毒とか、そんな事ばっかり考えてても、世の中は変わらんよ」「もっと自分の人生を好きなように生きたらどうなの?」などと言われますが、僕の感覚としては逆というか、「好きなように生きるのが困難な世の中になってしまってるから、それを少しずつでも変えていくために、善悪中毒などの事を考え続けていく必要があるんだよ!」という感じなんですよね。
でも、それさえも、なかなか理解してくれる人はいません^^;

>「こんなに重大な話をしているのだから、あっという間に広がるだろう」

僕も、そんな風に思って、身内に「平和の絵本」を、あれこれ読ませてみた事がありますけど、どうも「重大すぎて、逆に、ドン引きされ、拒絶されてしまう」という具合になってしまう場合が多いように思います(汗)
「こんなの、私には無理。こんな難しい話をされたって、私は政治家でもないんだから、何も出来ないよ?」みたいな・・・

でもまあ、他人には理解されなくても、自分なりの理解は年月とともに深まっているような自覚があるので、そのお陰で、最近では、精神的な不安定さも、かなり落ち着きつつ、しかも積極的でもあるという、理想的な状態へと近づいているように思います♪
  1. 2017/04/29(土) 17:30:12 |
  2. URL |
  3. ユインシュタイン #hVBOTS.Y
  4. [ 編集]

P.7

あ、ユインシュタインさんも、P.7の()の消去に賛成してくださったんですね。^^
僕がコメントを書いている間に、コメントしてくださったみたいです。

その部分、消去しました。ありがとうございます!^^
  1. 2017/04/29(土) 13:36:02 |
  2. URL |
  3. 東郷 #-
  4. [ 編集]

ユインシュタイン様

ユインシュタインさん、こんにちは!
ずうっと前ににコメントをしたことがあるような気がしているのだけれど、お喋りするのは初めてですよね。^^

前からユインシュタインさんのブログは知っていて、お喋りをしたいなと思ってました。発達傷害と善悪中毒を結び付けて考えたことも無かったので、興味深かったです。
その後、しばらく更新されていない時期があって、ああ、もうやめちゃったのかなって思っていました。^^

>以前は、僕も「それは善悪中毒ですよ」と気づかせてあげれば、それ以上の事は、その人自身が、自分の頭で色々と考えて、色んな事に気づいて、自然に変わっていくのだと思っていました。


僕も同じです。^^
この運動を初めて13年になりますが、ビックリするほど反応が鈍くて。 
始めた当初は、「こんなに重大な話をしているのだから、あっという間に広がるだろう」と思っていたのです。
一番最初は、3本の絵本と「善悪中毒」の本だけでしたが、それでも十分ぐらいのつもりでした。
とんでもなかったです。
やっぱり百年単位だなあ、と最近は覚悟を決めています。僕が生きている間には、何も変わらないだろうと。

そうなると絵本を書く僕の動機として残るのは、「僕が発信している情報は、人類にとって重要なものであり、いつかきっと世界を変える」という個人の信念というか自信というか、それだけなんですね。それは個人の単なる思い込みであって、大いなる勘違いではないのかっていうことは、時々、自問自答することでもあるのです。

ですので、ユインシュタインさんのように、ここまで読み込んでいただける方がいらっしゃるんだと知ることは、とっても勇気づけられるんですよ。
本当にありがとうございます。<(_ _)>



  1. 2017/04/29(土) 13:27:56 |
  2. URL |
  3. 東郷 #-
  4. [ 編集]

まず、かっさんへ

おお~~~、気づきませんでした! @@;; P.4を残して、P.7を削る、というご趣旨でしたか! 
全く分かりませんでした。

・・・そうですね。P.4を残せば、P.7の()は消しても意味が通じるし、その方がすっきりしますね。
改定済です。

ご指摘、誠にありがとうございました。<(_ _)>

  1. 2017/04/29(土) 13:12:41 |
  2. URL |
  3. 東郷 #-
  4. [ 編集]

社会を敵だと思った人は、社会の敵になってしまう

かっさん、はじめまして。
このサイトは以前から時々のぞかせて頂いていたのですが、話のレベルが、僕の頭で考える事よりも、はるかに次元の高い内容の場合が多いので、コメント出来ずにいました(汗)
でも、これからは、気になった事などあれば、たまに書かせて頂く事があるかも知れませんので、よろしくお願いいたします。

「社会を敵だと思った人は、社会の敵になってしまう」

おお~これは、かなり名言っぽいですねぇ^^
こっちのほうが、一発で印象に残る読者の人たちもいるかも知れません。
ただ、この名言だけが一人歩きしてしまったら、また違う弊害を生みそうな気もしないでもないですけど、この名言は、どこから生まれたのか?という事が話題になれば、この絵本の読者が増えて、本来の意味で解説できる人も増えるかも知れませんね。
そうなれば、多少の副作用は、その人たちが勝手に?解決してくれる?
たしかに、7ページの説明だけを消したほうが、将来的に考えると、色々と応用の幅が広いものになるのかな?と思いました。
  1. 2017/04/29(土) 13:01:18 |
  2. URL |
  3. ユインシュタイン #hVBOTS.Y
  4. [ 編集]

>・・・ということはP.4もですね。

あ、いや、p4で補足したからp7ではもういらないかなと。^^;; 
それに「社会を敵だと思った人は、社会の敵になってしまう」
と、いう方のが、これは歌や諺名言とか何でもそうですが、人の心に残るものって
その時はわからなくても後から大きな気づきがあったりするのが多いというか。。。

P7はこの絵本のメインテーマタイトルのハイライトだと思うので、逆にこれをそのまま言う為にp4カッコ説明があったみたいなイメージで感想を言った次第なんですけど、今回の説明は更に(罰を受けたひと、罰を与えたひと)なので、罰!罰!という感じで、何も罰反対を唱えてるワケでも、罰は不要だとか訴えてるワケでもないのにそのような印象っぽくクローズアップされて、犯罪被害者の人達からヒンシュクを買ったり、考えの違う人達から感情的な反論とかをむしろ受け易いかも知れないと思ったのです。

つまり()を付けると固定的になってしまうけれど、ないと言葉を置き換えたりして応用的な広がり感が名言っぽく醸し出せたりもするかなと。。。

>社会システムに意識を向けてます。 善悪中毒が無い世界を書きたいんです。

これは通常、どう考えても0から構築じゃないと無理っぽく思えてしまいますけれど、どんな風に書くのかウンザリ篇の後が楽しみです。^^

それと私以外の人から久しぶりに反応がありましたね!^^
私もユインシュタインさんの言う「なんだか分かったような感じがして、よく分かってないみたいな状態」というに意図的にさせるものが世の中に沢山ある気がするので、これを題材にしたブラックジョークな絵本もあったら面白いですね。
  1. 2017/04/29(土) 02:04:20 |
  2. URL |
  3. かっさん #E9/Ef2VQ
  4. [ 編集]

ここまで言えば気づくでしょ?に気づかない人たち

東郷さん、こんにちは。
こちらのサイトでは、はじめてお邪魔させて頂きます。

僕のブログに、東郷さんからのコメントが来ていたので、何らかのお叱りでも受ける事になるのかな?
などと思いながら、おそるおそる読んでみましたが、むしろ感謝の言葉でしたので、とても嬉しかったです(^-^)
僕のブログのほうでも、数日後?くらいに返事を書こうかなと思っています。

いきなりですが、今回の絵本について、一意見を述べさせて頂きますね。
どちらかと言えば、僕は理解力が弱いほうだと思っているので、4ページと7ページの()の説明は、あるほうが分かりやすいし、色んな事を、自分の頭で考察する事にも結び付くように思います。
もし、無くなってしまったら、スッキリしすぎてしまって、なんだか分かったような感じがして、よく分かってないみたいな状態になるだけで、それ以上の考察に結び付かないように思います。

>これって、善悪中毒じゃない?という批判は簡単なんですけど、じゃ、どうするって当然になると思う。たとえば罰をもし使わないなら、どうやるんだって。そこまで書かないと、変われないかなあって思っているんです。

以前は、僕も「それは善悪中毒ですよ」と気づかせてあげれば、それ以上の事は、その人自身が、自分の頭で色々と考えて、色んな事に気づいて、自然に変わっていくのだと思っていました。
もちろん、この考え方で通用する人たちも、沢山いるのは事実だと思います。
でも、一方で、やんわりと抽象的な事ばかり言っていても、まったく何も通用しない人たちもいるものだなと痛感したりもしています(汗)
ふつう「ここまで言えば気づくでしょ?」という事であっても、気づかない人たちです(苦笑)
そういう人たちには、ど真ん中にストライクを投げるくらいの直球で勝負する気持ちで、かなり具体的に説明しない事には、どうにもならない場合もあるのかな?などと、最近は考えています。
もちろん、それには色んなリスクがあると思うので、とんでもない誤解をされないように気を付けなければならない事も、沢山あると思いますが・・・色々と難しいですね^^;
僕も、常に試行錯誤の連続の状態です(苦笑)

でも、東郷さんの作品には、本当に救われた部分が沢山ありますので、とても感謝しています♪
これからも応援してますので、頑張ってください(^-^)
  1. 2017/04/28(金) 17:48:54 |
  2. URL |
  3. ユインシュタイン #hVBOTS.Y
  4. [ 編集]

かっさん、ご感想ありがとうございます!

・・・ということはP.4もですね。そうですね。絵本としては、その方がすっきりしますね。
問題は、読者の理解力なんですよね~ 

かっさんは、いうまでもなく、読者の中で、とびっきり理解力がある方。
でもぞっとするほど、理解力が無い方もいて・・・^^;; 絵本としては考えると間違いなく不要だけれど、平和運動としては、()書きを付けるのかなあ?

ちなみに、この絵本は、書きたくて書いた絵本です。^^

・・・この罰シリーズでは、テロ、戦争はあまり考えていないんです。
むしろ、刑事罰、社会システムに意識を向けてます。 善悪中毒が無い世界を書きたいんです。

善悪中毒が無い世界を描こうと思っているんですが、すっごく難しいです。社会ステムを0から構築するようなところがあって。
刑罰になるべく頼らず、どうやって社会秩序を保つか、とか。それは難しいんですけれど、これほど必要性があるんだぞ、ということをまずいう必要があるなと思ってこの罰シリーズを始めたんです。^^

これって、善悪中毒じゃない?という批判は簡単なんですけど、じゃ、どうするって当然になると思う。たとえば罰をもし使わないなら、どうやるんだって。そこまで書かないと、変われないかなあって思っているんです。
  1. 2017/04/28(金) 16:25:30 |
  2. URL |
  3. 東郷 #-
  4. [ 編集]

拝見しました。
個人的感想、印象としては7/9の(カッコ)解説はない方がスッキリするような気がしました。

敵を生み、暴力凶暴化を生み、残酷を生んだから、流れ的には次はテロ→戦争という感じでしょうか。
  1. 2017/04/27(木) 19:02:37 |
  2. URL |
  3. かっさん #E9/Ef2VQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1750-d9220329
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad