私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

誰が為の競争 :回答:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

誰が為の競争 :回答


絵本「誰が為の競争」では、際限の無い競争/生産性の向上が、かえって失業率の増大につながることを、描いている。
では、どうすればその問題を解決できるのか?

絵本「誰が為の競争」で提案したのは、労働時間を減らすことだ。

今日、絵本「誰が為の競争」の姉妹編ともいえる「自由競争」という絵本を執筆していたのだけれど、執筆しながら、この命題;過剰生産をどう解決するのか、ということを、再度、つらつらと考えてみた。
というのも、労働者一人当たりの労働時間を減らすだけでは、過剰生産性の問題を解決するには、まだ弱いのではないかと感じるのだ。

色々考えていたところ、ああこうすれば、解決できそうだ、というアイデアが浮かんだ。 もしこれで解決できるとしたら、それは犯罪抑止よりもはるかに簡単だ。笑

・・・どうも僕のメインテーマの善悪の錯覚からは、横道にそれるのだけれど、まあ、経済問題も大事なこと。いずれ経済に詳しい友人なりの意見も聞いて、もう少し温めてみて、絵本で発表できればと思う。^^
関連記事

  1. 2016/10/20(木) 23:59:03|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<久しぶりのお絵かき | HOME | 絵本のストーリー22個>>

コメント

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1713-1f07e215
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad