私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

親米と保守;天皇陛下の生前退位のニュースに接して:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

親米と保守;天皇陛下の生前退位のニュースに接して


天皇陛下が生前退位を希望されているというNHKのニュースが国内外に流れた。

報道が錯綜し実際のところは分からないが、もしかするとこのニュースは戦後70年間の方向性を大きく変える可能性を含むものなのかもしれない。絵本「日本独立の選択」とも関連することなので、思うところを書いてみたい。

---

大東亜戦争で、米国と激しく戦った日本は戦後一転、米国の味方となった。
とりわけ、右翼・愛国系・保守は親米となった。「親米保守」という言葉が示す通りだ。しかしながら米国を基準に考えると、そこには明らかな矛盾が存在する。

つまり現代日本の保守は親米でありながら、米国を敵とした大東亜戦争を肯定し、米国と戦った兵士を祭る靖国神社に参拝する。米国が大戦の前後で変身したというのなら別だが、実際には日本への謝罪も反省も存在しない。つまり、敵であった米国は何も変わってはいない。

反米の大日本帝国を礼賛する親米保守。いったいこれは、何なのだろう?

この疑問への答えは、昭和天皇の終戦の詔勅に存在すると僕は考えている。関連箇所を引用する。(引用先:http://homepage1.nifty.com/tukahara/manshu/syusensyousyo.htm)


惟フニ今後帝國ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス
爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル
然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ萬世ノ爲ニ太平ヲ開カムト欲ス

[口語訳]
考えれば、今後日本国の受けるべき苦難はきっと並大抵のことではなかろう。あなたがた国民の本心も私はよく理解している。
しかしながら、私は時の巡り合せに逆らわず、堪えがたくまた忍びがたい思いを乗り越えて、未来永劫のために平和な世界を切り開こうと思うのである。

若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ亂リ爲ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム

[口語訳]
もしだれかが感情の高ぶりからむやみやたらに事件を起したり、あるいは仲間を陥れたりして互いに時勢の成り行きを混乱させ、
そのために進むべき正しい道を誤って世界の国々から信頼を失うようなことは、私が最も強く警戒するところである。



上記の天皇陛下の命令は「何があっても必死に我慢しろ。米国に逆らうな。テロ、内乱を起こすな」と解釈できないだろうか?

だからこそ最も保守、右翼、愛国系の人々こそが親米へと変身した。
そして戦後一貫して、日米同盟の強化(または対米従属)へと突き進んだ。米国のポチと揶揄する人もいるほどに、だ。

「親米でありながら米国を敵とした大東亜戦争を肯定する」という親米保守の矛盾は、終戦の詔勅によって全く矛盾しないものとなる。それはただ単に、天皇の命令で米国と戦争をし、天皇の命令で親米となった、というだけなのだから。

・・・そして70年が経過した。

安倍政権は集団的自衛権に関する法制を整備し(成立への疑義もあるようだが)、改憲を目指している。ここにもむろん米国の意志が存在する。それを米国への隷属という方もいるだろう。

日本を戦争が出来る普通の国として、日米同盟を深化させるという安倍政権の方向性は、親米であり保守であるという戦後日本の一貫した方針に沿ったものだ。

ところが突然そこに、天皇陛下が生前退位を希望されているというニュースが飛び込んできた。
観測記事の中には、安倍政権の改憲に、天皇陛下が身を挺して抵抗されたのでは、というものもある。

聞くところによれば、天皇陛下の退位(譲位)は皇室典範の規定が無く、退位を実現するためには皇室典範の改定が必要となるそうだ。しかしながら、皇室典範の改正は容易なことではない。

そこには課題が山積している。生前退位を行なえば、現状では皇太子が存在しなくなってしまう。女流天皇をどうするのかという問題もある。宮家の復活はどうするのか。退位をした天皇陛下の処遇はどうするのか。自民党の改憲案では、天皇の位置づけも現行憲法とは変わっており、皇室典範と憲法との間の調整はどうするのかという問題も存在するだろう。

つまり、実際問題として、天皇陛下の生前退位のご希望は、安倍政権下での改憲を難しくする効果が存在すると考えられる。
しかしながら安倍政権の改憲は、米国の希望に沿ったものでは無かったか? つまり、米国に逆らうなという昭和天皇の命令の延長上に存在しているはずのものだったのだ。

もし今回、天皇陛下に「安倍政権の改憲を難しくする」というご意志が本当にあるのだとしたら、それは天皇が臣民(つまり日本人)への命令を70年ぶりに変更したこととなる。「忍び難きを忍び、米国に逆らうな」という命令に代わって、新しく「時には米国に逆らいなさい」という命令が発せられたこととなる。

これは親米保守にとって、その存立基盤そのものに関わる大事件ではないだろうか。
つまり、親米保守の方々は、米国と天皇陛下の意志が異なる場合、米国を優先するのか、それとも天皇を優先するのか、ということだ。

いうまでもなく、武力、政治力、経済力など、目に見える権力を持っているのは、米国に他ならない。在日米軍基地は首都圏を囲むように存在し、表だって抵抗すれば命にまでかかわるかも知れない。

一方で、天皇には、武力も政治力も経済力もない。
70年間というのは、決して短い時間ではない。戦後生まれの日本人が大多数を占めている。政治的な権能は日本国憲法で否定され不敬罪も存在しない。天皇陛下に臣民に命令を下す法的な根拠は無い。
天皇が持っているのは、日本の長き伝統であり(今年は皇紀2676年)、国民との信頼関係でしかない。つまりそこにあるのは、「日本」でしかない。

もしこれが70年ぶりの命令の変更だとしたなら、いったいどうなるのだろう?
日本人は、何を選択するのだろう?



参考;
絵本の論文「日本独立の選択」
japan.jpg






















関連記事

  1. 2016/07/18(月) 13:32:14|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<モグラ叩きに非ず | HOME | 一生分の絵本のアイデア>>

コメント

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1692-0c480589
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad