私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

差別について考え中:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

差別について考え中


差別について、基本的な絵本を15本発表した。
その続きについて、考え中。

ここまで書いたのだから、どうせなら、様々な差別について書いてみたいとも思っている。

たとえば、劣等人種 悪だ 植民地支配 保護領 居留区への押し込め 隔離政策 民族浄化/ホロコースト 抵抗者はリンチ・足の切断 レイプ 力が全て 軍事力の増強 力の支配 断種 優生学の発展 愚民政策 選挙権を与えない 奴隷労働 格安の賃金 劣悪な労働環境・・・ 

それから差別の心理。動機。妄想と現実の相互作用、変遷。

まあ、どれも関連していることであり、心理としては、それほど難しいものではない。 十分に絵本のストーリーまで単純化できるだろう。ただ、実際に絵本のストーリーに落とすことを考えると、どう攻めていくのか。どこから書くのか。

実はストーリーを作っては消し、作っては消し。 空しく書き直しを続けている。

最初の計画では、ここまで話を広げる気持ちも無かったのだが、どうせなら、という気になって、自分で話を複雑化している。^^;

心理としては単純なのだ。妄想への現実逃避。その現実逃避が必然的に生み出す歪み。妄想と現実の相互作用。
これだけのことで、奴隷制度も優生学も民族大虐殺もアパルトヘイトも説明できてしまう。一見、とても複雑な事象が、単純な心理の流れで、説明できてしまう。

まずは、その流れを描き出したいのだが・・・
そして、最後に差別の解消について。 早くそこまで書きたいのだが、なかなかそこまでたどり着けない。^^;

ま、焦らずにやろう。
もうちっと、ああでもない、こうでもない、と頭の中での作業が必要だ。




関連記事

  1. 2014/01/31(金) 00:07:10|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<また一つ、差別の絵本のストーリーを作成 | HOME | 善悪の世界で生きる人へのアプローチ>>

コメント

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1565-543f00bc
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad