私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

絵本 差別シリーズのこと:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

絵本 差別シリーズのこと


はじめは軽く考えていた差別シリーズ。
なかなか難しくて、ずっと考えいていたのだけれど、ようやく全体像が見えてきた。

まだまだストーリーは未完成なのだが、ざっと何本ぐらいの絵本になるか数えると、20本前後になりそうだ。
こんなに多くの本数を書かないと、自分の言いたいことを表現できないとは・・・ ちょっと予想を超えていた。

基本となる考え方を、もう少し書いていたような気がしていたのだけれど、とんでもなかったな。

実際に、僕が書きたいのは、集大成となるラストの1本の絵本だけ。
しかしながら、その絵本を読者に誤解なく読んでもらうためには、準備となる19本?の絵本が必要となるわけだ。そこまで書かなければ、もつれた糸はほぐせない。

誤解、錯覚の上に成立する、現代社会。世界。
糸は幾重にも複雑にもつれている。 ・・・なんともバカバカしい気もするが、一つ一つ、じっくりとほどいて行く以外、錯覚を解く方法は無いんだろうなあ。

向こう1~2年は、差別シリーズに充てることになるのかな。
ま、じっくりやろう。

これは僕にとって、名誉を奪われ亡くなって行った方々への鎮魂の儀式であり、同時に未来の世界を変える作業でもある。
それは時間を掛ける価値があること。僕は僕なりの祈りを紡ぐ。
 
関連記事

  1. 2013/06/09(日) 12:18:06|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<絵本「大事な議論」仮アップ | HOME | 大黒屋さんへ -絵本の旅立ち>>

コメント

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1493-336d9219
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad