私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

日和見主義の勧め:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

日和見主義の勧め


新作絵本で、今、書きたくなっているのが、日和見主義の勧めというか、長いものに巻かれろ、迎合、卑屈、面従腹背、奴隷根性、追従、ポチと揶揄される行為/態度の、ポジティブな側面。

そんなものに、ポジティブな面があるのか、と言われそうだが、実はある。
強いものに、尻尾を振るのには理由がある。尻尾を振ることを悪として否定すると、尻尾を振る理由が見えなくなってしまう。

人が誰かに尻尾を振るとき、そこには、必ず理由があるのだ。

もう一つ書きたくなっているのが、上記のテーマとちょっと重なるけれど、民主主義シリーズの6番目。銃口と民主主義(仮題)。

このところ、この辺りに存在する錯覚が、僕の中で目に付くのだ。
まだモヤモヤっとしていて、ストーリーとか絵とかは、霧の中なのだけれど。
関連記事

  1. 2013/04/07(日) 11:10:10|
  2. 懸案事項|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<銃口の前で -民主主義シリーズ6 | HOME | 英語版のWEBの手直し>>

コメント

ポチティブ!@@ いやあ~、スゴイですね、これ受けました!(笑) かっさん、さっすがのネーミングセンスだなあ。^^
この日和見のテーマの絵本は、でもまだちょっと後になるかなあ。今、民主主義?-6の「銃口の前で」を書き始めてて。 
  1. 2013/04/10(水) 19:35:59 |
  2. URL |
  3. 東郷潤 #-
  4. [ 編集]

タイトルを「ポチティブの勧め」とかにするのはどうでしょう?

たしかに「奴隷根性だぁ~!」とかいって非難する人達の方が、けっこう刷り込み奴隷度が高かったり
「俺って奴隷だなぁ。」と自覚してリアルな現実を直視できる人の方が錯覚は少なかったりしそうですね。
  1. 2013/04/09(火) 19:35:35 |
  2. URL |
  3. かっさん #-
  4. [ 編集]

あららら、ぼくらしいですか。^^;; お恥ずかしい(笑) 
  1. 2013/04/07(日) 22:32:45 |
  2. URL |
  3. 東郷潤 #-
  4. [ 編集]

あえて物議をかもしそうなテーマをぶつけてくるところが、実に東郷さんらしいです(笑)。
  1. 2013/04/07(日) 11:26:57 |
  2. URL |
  3. 嶋田不二雄 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1473-9b128d75
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad