私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

滅ぶときは滅ぶ:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

滅ぶときは滅ぶ


時々、つらつらとネットを見ていると、もう日本は終わりといった嘆きが目にすることが大変に多い。
それも、このごろ特に増えているような気がする。

たとえば、TPPに参加したら日本は終わりだとか、あるいは原発放射能汚染で終わりとか。
隣国と戦争になって終わりとか、不正選挙で終わりとか、植民地で終わりとか、憲法が改正できなくて・変えられてしまいそうで・無効宣言ができなくて、終わりとか。マスメディアがダメで終わりとか、官僚が腐っているとか、司法冤罪とか、大地震が来るとか、国際資本の陰謀だとか etc....

危機感は分かる。憂国の思いは分かる。
だけど、時々、言いたくなる。

俺たちは、まだ生きているだろ。日本を終わりにするのも、発展させて行くのも、我々次第じゃないのかって。

たとえどんな災厄が訪れても、自分ひとりでも生き残れば、必ずや日本を再興してみせる。世界を変えてみせる。
・・・それぐらいの気持ち、持ってくれよ、と。

死ぬときは死ぬ。滅ぶときは滅ぶ。それが運命なら甘受するだけのこと。
・・・でも滅ぶ前から、諦めることはない。生きている限り、諦めることはない。負ける前から、負けることはない。
関連記事

  1. 2013/02/28(木) 01:33:00|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<Youtubeの利用 | HOME | アマゾンのKindleへ>>

コメント

嶋田さん、いつもありがとうございます。いや、ありがたいアドバイスですね。^^
ボタン設置、がんばります。^^
  1. 2013/03/08(金) 00:36:55 |
  2. URL |
  3. 東郷潤 #-
  4. [ 編集]

Twitterやfacebookのボタンを設置してはどうでしょうか?東郷さんのご活動はもっと広く世に知られるべきだと思います。
  1. 2013/03/07(木) 23:42:23 |
  2. URL |
  3. 嶋田不二雄 #-
  4. [ 編集]

>もう終わりだとか言って、そんなのは今までにも
>誰でも確認できる歴史の中にだって何回もあったのに。

全くですね。^^ 平家物語でしたっけ。諸行無常の響きありって。まあ、錯覚の虚構に積み上げられた多くのシステムは、崩れるのが当然かもね。
願わくば、犠牲者を少なくとは、思うけれど・・・
  1. 2013/03/01(金) 16:47:07 |
  2. URL |
  3. 東郷潤 #-
  4. [ 編集]

もう終わりだとか言って、そんなのは今までにも
誰でも確認できる歴史の中にだって何回もあったのに。

浮き沈みは今も昔もあるし世界は基本的には変わってないですね。

まあ、私なんかは陰謀好きな人の気持ちは良くわかりますけど。

でもだからこそ、これからどう変わっていくのかは興味がある問題だし
混沌は今までの頑強に変わりにくかったものが変わりやすいので、世の中のシステム崩壊は望むところだし、むしろ人類(地球自然含む)の為には段階的に崩壊すべきだと思ってます。

それと諦めるって言うのと委ねる(甘受?)とかでは、似ているようでちょっと違う感じですね。
でもその微妙な違いがけっこう強力だったりもして、これなんかもヤヤコシイ錯覚の世界に繋がる問題と言えるのかな。
  1. 2013/02/28(木) 17:02:30 |
  2. URL |
  3. かっさん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1457-3519d76b
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad