私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

罰シリーズとか:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

罰シリーズとか


罰シリーズを書きたいと思って、構成を考えている。
書きたいことは分かっているのだけれど、それを絵本にするのは簡単じゃない。言葉で訴えるだけでは、人の心は動かない。

心に働きかけるためには、イメージそのものをぶつける必要がある。(この辺りもいずれ絵本で表現したい)

罰の問題は、かなり大きく複雑で発展性があり、その発展の方向を見極める必要がある。絵本をどっちの方向に伸ばしていくか。袋小路に入ったらつまらないので、書き出す前の思考がとても大事になってくる。

それから、「覚悟」について描いてみたい。これもだいぶストーリーは出来たのだけれど。まだ完成まではいっていない。

戦後の日本では、「覚悟」が意図的に忌むべきものとしての扱いを受けてきた、そんなところがある。まあ、覚悟ゆえに、大勢の人が亡くなって、そのトラウマはよく分かるけれど。

しかしながら、いつまでもトラウマといってもいられない。整理していかないと。もう60年以上、経っているのだから。何もかもいっしょくた、ではなくて、きちんとコアを抜き出し、解決しないと。

覚悟を礼賛するのではなく、一方でそのポジティブな側面をさらっと描く。バランスが要求されるな。

書きたいことは山ほどあるけれど、書き出すまでは、方向性の見極めが必要で、考えないと。ぐわんばろ。^^
関連記事

  1. 2011/12/26(月) 01:25:42|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<新年のご挨拶 | HOME | 絵本のアイデアの整理中>>

コメント

式神様、おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

多分に、おっしゃる通り、ですね! 罰に頼るというのは、攻撃に頼ること。恐怖に頼ること。
いつまでも、攻撃・恐怖で人を動かす時代じゃないだろう、と思うのですが・・・

一方で、罰が無ければ人は凶暴化してどうにもならないといった思い込みも根強いし。下手なアプローチをすると、思い込みの壁に跳ね返される。

そっと忍び込める入り口を探して、目立たなく、心の中に飛び込まないと。^^ 

  1. 2012/01/01(日) 13:47:25 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

罰というのは、傲慢さと怠慢さと浅はかさから出てくるのではないですかね?
  1. 2012/01/01(日) 10:36:02 |
  2. URL |
  3. 式神冷水 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1339-ea58adff
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad