私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

次に描く絵本:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

次に描く絵本


絵本のアイデア整理を、おおざっぱに終わらせた。

全部で151ページのアイデア集。まだ中身はグチャグチャだけれど、それでも今後の絵本の方向性、プライオリティなどを考える上では、大いに役立つ。

描きたいことは山のようにある。

TPPのことなどで、話題性があることから、自由貿易と失業問題を描こうか、と思ったりもした。
たとえば以下のように;

---
リカードの比較優位の論理を絵本の前半分で紹介して、10%の効率化とでもして、あとは需要と一人当たりの労働時間を固定すれば、それはそのまま10%の失業率アップとなる。
---

しかし、生産性アップが失業の原因となりうる可能性については、絵本「誰がための競争」で、すでにある程度、カバーできている。そこに自由貿易を加えても、それほど新味は出ない。

・・・それに、あまりに政治性が高いこと、話題性が高いことは、ちょっとイヤだな、という気持ちも実はある。僕が目指しているのは、対症療法ではなく根本治癒だから。対症療法の重要性は認識しつつも…


さて、絵本のアイデア集をつらつら眺めていると、罰に関するテーマが多い。
罰が生むもの。次は、そんなシリーズを描いてみるかなあ?


森から、木々の群生へ。1本の木へ。一枚の葉へ。 視点を変えていく。
関連記事

  1. 2011/11/18(金) 11:27:40|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<文化の違いを絵本で | HOME | 絵本のアイデア整理中>>

コメント

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1315-0f0d975a
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad