私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

KJ法と絵本集:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

KJ法と絵本集


懸案事項ということで・・・

新作絵本のアイデアを練っていると、そのアイデアと他の絵本集との関連、位置づけが難しいと強く感じる。
以前は、そうでもなかったのだけれど、絵本の数が増えて、WEB上で50本近くになっているので、新しい絵本のアイデアが、既存の絵本集と全く無関係ということはない。

テーマの一部は重複するもの。

位置づけを考えないで、純粋にその絵本のストーリーとして書いたほうが楽。ただそうすると、重複の問題をどうするか。同じことを角度を変えて言っただけ、ということも出てくる。

一度書いてしまうと、ある程度、重複を避けたいので、全く同じことはかけなくなる。しかしながら、もっと上手なアプローチの方法を後から思いついたり。本当にこのアプローチの方法が、一番、分かりやすいのだろうか、とか考えていると、訳が分からなくなる。

そこでこれもKJ法みたいなやりかたなのかなあ、と。

KJ法(カードを使った情報の分類整理方法)は、ずうっと使っているのだけれど、絵本をKJ法の1枚のカードに見立て、アトランダムに絵本を書いて、その後、分類するということ。

そんなやり方もあるのかなあ。はじめから重複を恐れないで。

たとえば、善悪の重要性といった小説なり、作品は、無数に繰り返されている。この繰り返しにこそ、マインドコントロールの秘訣がある。であるなら、重複には、繰り返し、という価値があるのかもしれない。
逆暗示も繰り返さないと、マインドコントロールは崩せないから。

重複を気にする必要はないのかなあ?


もう一つ、懸案事項として話変わるけれど、youtubeの利用ということも・・・

関連記事

  1. 2011/06/20(月) 12:03:45|
  2. 懸案事項|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<英語版の絵本を2本アップ | HOME | 都立西高の石井先生へ>>

コメント

コメントの投稿。 ☆スパムはご遠慮くださいね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceactivity.blog50.fc2.com/tb.php/1231-67017b45
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad