FC2ブログ
私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

2019年03月:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

ニュージーランドのテロ事件に思う


ニュージーランドで49人の犠牲を出した射殺犯が声明文;The Great Replacement を発表しています。
74頁と長かったのですが、ざっと読んでみました。

善悪/一神教の世界観を前提とすれば、彼が持つ危機意識・犯行の動機を理解するのは、それほど難しいとは感じなかったです。正直、快楽殺人者の心理よりははるかに単純だと感じました。

彼は彼の世界観の中で正しいことをしていると信じ切っているようです。善悪の錯覚を前提とすれば、暴力の連鎖が生まれてしまうのは、ほぼ必然だと言えるでしょう。

彼は声明文の中で「ヨーロッパとイスラムには1300年の戦いの歴史がある」と、述べています。言葉を変えればそれほど長期間、憎しみの連鎖が続いていることとなります。

⇒絵本:終わりの無い物語

ちなみに、射殺犯の声明文The Great Replacementはこちらからダウンロードできます。 ご関心のある方は、挑戦してみてください。


犠牲者の方々のご冥福をお祈り致します。<(_ _)>
  1. 2019/03/16(土) 14:34:08|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

二重手間vsプライオリティ


最近、自分の仕事のやり方が代わってきた。自分で面白いなと思ったので。^^

もともとビジネスではプライオリティを重視するタイプだった。Plan do see法とか、KJ法とか大好きで。^^
常にプライオリティが高いものからこなす、という訓練を自分でしてきた。ビジネスは時間が勝負というところもあり、この訓練は大切だった。

ところが平和の絵本は別世界なのだ。
時間の流れが、とにかくゆったり。

最近、気づいたのだが、僕が世界平和に貢献できると思い、それが生活の中心となったのがシドニーオリンピックの前だったので、今年で20年目。

僕個人の平和活動としては、おそらく中間地点?  そして僕の計画では、平和の絵本は数百年かけて、人類の錯覚の癖に働きかけるもの。だから僕の生涯は、数百年続ける平和活動の基礎作りに費やされる。、一生かけても、基礎つくりしか出来ない。むろん、自分が死んだあとのことは分からず、後継者がいなければ、基礎作りだけで終わる可能性も大いにある。(笑)

さて、ビジネスマンの頃と同じように、プライオリティの高いものから、やる、という動きをしていると、かえって二度手間になることに、最近気づいたのだ。
たとえば、イイネボタンの復活。イイネボタンは、各絵本のトップページなので、プライオリティを考えれば、まず各絵本のトップページだけ、いじる。そしてhtml5への対応といったものは、後からゆっくり時間のある時にする、・・・ビジネスマンとしては、そういう動き方になる。

ところが、それだと、全ページhtml5にアップグレードす・全ページの文字化けをチェックする、という仕事から見ると二度手間になるのだ。

どうせ数百年続ける平和運動の基礎作りだと思うと、イイネボタン復活を2~3カ月先にやろうがどうだろうが、どうでもイイこと。むしろ二度手間を惜しみ、じっくりきっちり、基礎作りをした方が、ミスも少なくなるし、合理的なのだ。
だから全ページアップグレードをのんびりとやっている。2~3カ月はかかるだろう。英語版もいれれば、半年かかるかもしれない。そう、たった半年の仕事に過ぎない。

自分の生涯をかけて、基礎作りしか出来ない。
この圧倒的な時の流れを見つめると、時々、眩暈がしてくる。(笑)  僕が相手にしているのは、人類が数千年かけて作ってきた錯覚のコンプレックス。原爆の悲惨さもテロも戦争もイジメ問題も虐待もその結果として有る。誰かが根っ子から手を付けないと、人類はまだ何千年も、もぐら叩きを続けてしまう。もし錯覚の渦に飲み込まれて絶滅するのでなければ、だ。

負けないぞ~~~!!(笑)
  1. 2019/03/03(日) 13:09:09|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
















































当サイトと無関係の広告;[