私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

2016年10月:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

絵本「自由競争」


絵本「自由競争」をアップしました。またご感想なりお聞かせください。
絵本「自由競争」
  1. 2016/10/31(月) 17:30:46|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絵本「自由競争」完成


絵本「自由競争」が完成。
これは、絵本「誰が為の競争」の姉妹編といったもの。

まだWEBにアップはしていない。数日中にアップする予定です。 
将来的には、どちらの絵本も、「お金の話シリーズ」の一部とする予定なのですが、いつになるやら。^^;; ストーリーはいくつか出来てるのですが、その前にアップしたい絵本シリーズもあり・・・

@善悪のことばかり考えていて、気分転換がしたくなりました。^^
  1. 2016/10/28(金) 14:28:39|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

久しぶりのお絵かき


絵本のストーリー作りに飽きて、ちょっと気分を変えようと、久しぶりのお絵かき。
これは、絵本「自由競争」用のもの。

この絵本「自由競争」は、「誰が為の競争」の姉妹編というような位置づけ。ずっと考えている、ややこしい善悪、犯罪抑止がらみのものではない。いわば傍流の絵本。まあこの絵本なら、気楽にアップできるかな、と。

久しぶりのお絵かきは、まあ、時間がかかること! ソフトウェアの使い方をすっかり忘れていて。^^;;





  1. 2016/10/23(日) 15:47:55|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

誰が為の競争 :回答


絵本「誰が為の競争」では、際限の無い競争/生産性の向上が、かえって失業率の増大につながることを、描いている。
では、どうすればその問題を解決できるのか?

絵本「誰が為の競争」で提案したのは、労働時間を減らすことだ。

今日、絵本「誰が為の競争」の姉妹編ともいえる「自由競争」という絵本を執筆していたのだけれど、執筆しながら、この命題;過剰生産をどう解決するのか、ということを、再度、つらつらと考えてみた。
というのも、労働者一人当たりの労働時間を減らすだけでは、過剰生産性の問題を解決するには、まだ弱いのではないかと感じるのだ。

色々考えていたところ、ああこうすれば、解決できそうだ、というアイデアが浮かんだ。 もしこれで解決できるとしたら、それは犯罪抑止よりもはるかに簡単だ。笑

・・・どうも僕のメインテーマの善悪の錯覚からは、横道にそれるのだけれど、まあ、経済問題も大事なこと。いずれ経済に詳しい友人なりの意見も聞いて、もう少し温めてみて、絵本で発表できればと思う。^^
  1. 2016/10/20(木) 23:59:03|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絵本のストーリー22個


数えてみたら、絵本のストーリーで完成したものが、22個ある。つまり、あとは絵を付ければ、絵本になる、という段階のもの。

これで今、書きたいと思って苦吟している分の3分の1ぐらいかなあ?  ・・・どうしよう。ちょっと絵も書きだそうかなあ。

今日、午前中に完成したストーリーは、自由主義経済に関するもの。価格協定(カルテル)や談合を規制し、生産性アップばかりをすれば、いずれひどい目に会うよ、と。
これは善悪の錯覚とか、今、考えているシリーズとは、別系統のもの。「誰が為の競争」の続編のような位置づけ。前から温めていたテーマなのだけれど切り口がいまいち見えなかった。

アマゾンの倉庫を無人化するとか、アメリカのグーグルやフェイスブックなど名だたるITの大企業が雇用を減らしているというニュースを見て、ああそうか、ロボットを入れれば絵本が書けるなあと。

平和の絵本のメインからは横道になるけれど、たまにお絵かきの方もするかなあ。
しばらく、新規絵本を発表してないし。。。 お絵かきソフト、使い方覚えているかな?^^;;


  1. 2016/10/19(水) 16:05:36|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

犯罪の抑止


善悪の錯覚が無い世界で、犯罪の抑止はどうなるのか?
そんなことをずっと考えていた。

出来るだけ罰に頼りたくない。 その時、難しいのは、初めから非協力的な犯罪者をどう取り扱うのか。
そもそも黙秘を続け、警察を頭からバカにするような犯罪者をイメージしたときに、罰する以外の何ができるのか?
厳罰以外に社会に出来ることなど、本当に存在するのか?

しばらく考えて、あ、そうかと。^^

  1. 2016/10/18(火) 18:39:54|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

善悪の無い世界


善悪の錯覚に頼らなければ、どうなるのか?

今、世界に存在しているのは、4000年もの間、善悪の錯覚を前提にして作って来た社会システムであり、人の心だ。 
それを0にしたら、どんな世界が出現するのか?

・・・ずっと考えている。

難しかったのは犯罪の抑止。
悪い奴は罰する、というシステムがどう変わるのか? どこからが錯覚なのか? 悪い奴を罰さずに犯罪抑止は可能なのか?

この辺りのことについても、何が問題なのか、かなりイメージが具体的になってきた。
とはいえ、まだまだ。 はじめ予想していたよりもかなり複雑でタフなテーマで、最終的には絵本の数は数十本ぐらいに膨れあがりそうだ。

日本の政治も経済も世界情勢も、諸問題が山積している時に、なんとも浮世離れした思考だと自覚はしているが、ま、これが僕の役割なのだろう。笑
  1. 2016/10/05(水) 16:09:19|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad