私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

2015年09月:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

お絵かき―日本独立の選択


だいたいスジが固まったので、お絵かきも始めています。
ちょっと刺激的でしょう?^^

japan.jpg


  1. 2015/09/29(火) 23:04:23|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本独立の選択 -強烈なメッセージ


あらすじが完成したので、言葉の吟味、絵の下書きなどを始めている。
改めて読み返してみると、かなり強烈なメッセージを込めることが出来た。^^ ホント、日本人はどうするんだろう?

絵本が完成したら、政治家はじめ、出来るだけ多くの方々に案内しようと思う。一読して、と。 
もう敗戦後70年もたつ。 そろそろ前に向かって歩き始める時・・・
  1. 2015/09/29(火) 17:24:21|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絵本の論文 「日本独立への選択」 -あらすじ完成


絵本/論文「日本独立への選択」のあらすじが、ざっと完成。
50ページ前後のものとなる。

非武装、憲法9条、自主憲法、在日米軍基地、戦争協力、核武装、原発、善悪の錯覚、近隣諸国との関係、徴兵制、抑止力、専守防衛など、だいたい網羅することができた。

後はお絵かき。 こんなお堅い内容で、「絵本」なんだろうか、と正直、思うけれど、まあ、平和の絵本だし・・・ 絵があった方が読みやすいだろうし、説得力も生まれるかな、と。^^

来月中には完成させて、今回の絵本に関しては、関心を持ってくれそうな様々なところ -党派を超えた政治家、メディア、評論家、ジャーナリストなどにも、案内してみようかなあ、ともツラツラと考えている。

国民的な議論を巻き起こしたいな、と。 できるかな~^^;;
 
  1. 2015/09/26(土) 17:37:30|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

憲法問題、国防、在日米軍基地、核 -日本独立への選択


次回作の絵本となるであろう、「日本独立への選択」のあらすじを作成中。
絵本のページ数は50~60ページのものとなりそうだ。

絵本といっても、中身はほとんど論文。^^; 
核武装論、平和憲法、自主憲法制定、違憲論、徴兵制、国防問題、非武装中立、在日米軍基地など、タブーとされてきた諸問題を含めて、自分なりに自由に論じようかと。

日本の未来をどのようなものにするか。

政治については距離を置かなければ、とずっと思ってきたが、意外に書ける。^^ 国民的な議論の叩き台に出来ればなあ、と考えている。

ま、結果はどうであれ、がんばろ! これは「僕に出来ること」なのだから。^^

  1. 2015/09/24(木) 16:57:26|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本独立への選択 -具体的な政策提案


平和の絵本では、具体的な政策あるいは政党の支持といったことは行なっていない。
それは決して、政治が悪い、ということではなく、メッセージを広げる必要性によるものだ。

単純に言えば、次の思考回路を避けるために、政治からは距離を置いている。

●善悪中毒の世界では、多くの人々が、政策を善悪で判断している。 そして自分と違う意見の政策を主張する人を「敵」「悪」だと判断し、その人の言葉から耳を塞ぐ。

もし「悪」「敵」と判断されてしまえば、耳を塞がれてしまう。それでは絵本のメッセージが届かなくなる。 そのため、具体的な政策からは距離を置いてきた。

けれど、今回の安保法案のゴタゴタを見ていて、具体的な政策に踏み込んだ絵本を書きたいなという気持ちが生まれた。
テレビやネットで色々な意見に触れたが、混乱ばかりが目について、あ、いかんなあ、と。^^;

具体的な政策といっても、むろん細かいことではなく、安保法案の是非、といった次元のことでもなく、そもそも安保法案の是非を判断する前の話。土台の話。 つまり、これからの日本の行く末をどうするのか、という青写真の次元の話だ。

日本はどこに向かうのか。向かいたいのか。 そこにはどんな道があるのか。 

・・・それが見えて初めて、じゃあ憲法はどうする。国防はどうする。近隣諸国との関係、対米関係をどうする。安保法制はどうする、といった議論が成立する。

多くの方々の議論を見ていると、この最初の方向性/方法論のところが放置されているように感じるのだ。違法/順法性や手続きの問題、といった話は大変に多いのだが。

議論の大前提となる方向性が見えなければ、努力の方向が見えない。希望も持てない。結局は流される。 流されることを悪とは言わないけれど、どうにももったいない。

デモや国会中継を見ている中で、そんな気持ちが僕の中で強くなり、平和の絵本で取り上げられるかなあ、と考え始めたのだ。
ちょっと考えたのだが、書けないことはなさそうだ。善悪の思考回路を避ける表現方法は、磨いて来た。 

・・・ということで、まさか書くとは思わなかった、かなり具体的な政策の話。 国防・対米関係・在日基地問題・周辺諸国との関係・世界平和・憲法・原発問題・平和主義・テロ・核抑止力 といったことに言及した、絵本を構想中。

この問題にはぜひ触れて欲しい、とかありましたら、メッセージください。<(_ _)>


  1. 2015/09/21(月) 12:02:38|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

なぜ人が猿に見えるのか? -英語版の差別シリーズアップ


なぜ人が猿に見えるのか? 英語版の差別シリーズ18本をアップしました。

Why do some people see a human as a monkey? We have uploaded 18 picture books about discrimination.
Our 18 free picture books illustrates various aspects of discrimination, such as its nature, its causes, racism, sexism, eugenics, wars, apartheid etc...

Picture books with the theme of discrimination - racism, sexism, wars etc.

Give us your thoughts!


7h.jpg


翻訳からアップまで、数か月かかりました。^^;
差別とは何かから始まって、その心理的原因、人種差別と戦争、差別の解消といった歴史の流れまでを描く18本の絵本集です。
僕の印象では、差別問題はまだまだ倫理・善悪の問題としての理解が主流で(まあ、差別に限りませんが^^;;)、原因➡結果という視点は、世界レベルで欠けていると感じています。

相手があまりにも巨大ではありますが、少しずつでも、世界の人々の認識に働きかけていければと思っています。物理的な力に頼らずに平和・幸福を追求しようと思えば、人々の心・認識に働きかけることこそが、王道であると考えます。

人々の認識が変化していく、その切っ掛けを作るまでには、大変な時間・手間がかかりますが、一度、勢いがつけば、後は自動的に・勝手に変わっていくものでしょう。 昔は大勢の人々にとって、地球は平面だったのです。善悪、差別の錯覚について、気づきが広がれば、自分から錯覚しようとする人は、激減するはずです。

世界の人々への働きかけに、リンクその他でぜひご協力を賜れればとお願い致します。<(_ _)>


  1. 2015/09/15(火) 15:58:07|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad