私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

2014年04月:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

人間魚雷 :絵本「山は見えない」


ひたすら毎日、お絵描き中です。
絵本「山は見えない」は、80頁超の、平和の絵本で最長の絵本となります。

今回は欲張って、かなりの内容を詰めています。
毎日頑張って執筆中ですので、ご期待頂ければ嬉しいです。^^

人間魚雷

  1. 2014/04/24(木) 14:22:44|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

原爆投下直後のトルーマン大統領の手紙


原爆投下を決断したトルーマン大統領の手紙がネットで公開されていたので、日本語訳を行なってみた。
手紙の日付は1945年8月11日とある。長崎への原爆投下が8月9日なので、(時差を考えて)原爆投下からわずか2~3日後のものとなる。日本語訳は東郷が行なった。


トルーマン大統領から米国キリストの教会総書記 Cavert氏に宛てた手紙


1945年8月11日
親愛なるCavert様

8月9日の貴電報ありがとうございます。
私よりも、原子爆弾の使用に関して困惑している人はいないと存じます。
けれど私は日本の不当な真珠湾攻撃と彼らが犯した捕虜への殺人に大いに困惑しています。
彼らが唯一理解できそうな言語は、爆撃されることであり、それは私たちが行なっていることでもあります。

野獣を扱わなければいけないときは、彼を野獣として扱わなければなりません。
残念なことではありますが、それが真実なのです。

敬具

ハリー・トルーマン

-------------------------------------

原文(こちらのWEBから引用しました)
 
Letter from President Truman
to Samuel McCrea Cavert August 11, 1945

August 11, 1945

My dear Mr. Cavert:

I appreciated very much your telegram of August ninth.

Nobody is more disturbed over the use of Atomic bombs than I am but I was greatly disturbed over the unwarranted attack by the Japanese on Pearl Harbor and their murder of our prisoners of war. The only language they seem to understand is the one we have been using to bombard them.

When you have to deal with a beast you have to treat him as a beast. It is most regrettable but nevertheless true.

Sincerely yours,

HARRY S. TRUMAN

Mr. Samuel McCrea Cavert
General Secretary
Federal Council of The Churches of Christ in America
New York City, New York

Source: Michael B. Stoff et al., ed., The Manhattan Project: a documentary introduction to the Atomic Age (Philadelphia: Temple University Press: 1991), p. 162.

以下、写真はこちらのページからの引用です。

B04_06-03_01.jpg

  1. 2014/04/23(水) 17:15:10|
  2. 資料|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ストーリーの見直し ;山は見えない


この数日、ずっと絵本「山は見えない」後半のストーリーの見直し作業を行った。
ようやく、固まりつつある。頁数は84頁にまで増加した。

頁数は増えたが、内容はだいぶスッキリとできたような気がする。妄想/錯覚でグチャグチャになっている、実に複雑な事象を、かなり分かりやすく書けたのではないだろうか。

あとは絵。 がんばろう。
  1. 2014/04/11(金) 15:12:13|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

再びストーリーの見直し ;山は見えない


ストーリーはすでに固まった、・・・つもりでいたが、ちょっと疑問が出てきて迷っている。


各シーンについて、はたしてそれが自然な人間の心理かどうか、じっくりと考えるという作業を繰り返している。その中で、もう大丈夫と思っていたところで、微妙に方向がずれていることに気づいた。そこで、方向の修正をしたところ、当初の予定以上に、色々なことがそれで説明できてしまうことにも気づいたのだ。

とはいえ、ただでさえ十分に話は広がっており、そこまで広げたくはないという気持ちもある。もう少し、じっくりと考える必要がありそうだ・・・

どこまで書くか。書かないか。 難しいなあ。
  1. 2014/04/09(水) 19:24:11|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

善悪の儀式の絵: 「山は見えない」


お絵描きは続きます。
本日描いた絵は、善悪を定める、特別な儀式の絵です。

絵本「山は見えない」の一場面です。何度もストーリーを読み返しており、不足分を書き足して、といったことも併せて続けています。
頁数は、今の所、全部で79頁。どうも最終的には80頁を越えそうですね。^^;



  1. 2014/04/06(日) 16:34:23|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

戦争決断のシーン ;絵本「山は見えない」


ひたすら、お絵描きです。^^;
こちらは、とある星のリーダーが、負けるであろう戦争を決断したシーン。
「山は見えない」は、77頁の絵本。
ちょっと詰め込み過ぎかな、とも思いつつ、ずいぶんたくさんのものを詰め込んでいます。

乞うご期待!!(笑)




  1. 2014/04/05(土) 14:26:09|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日のお絵描き―絵本「山は見えない」


絵本「山は見えない」の絵を執筆中。
今のところ77頁になる予定。いやはや、何枚の絵を描くことになるのか。^^;

描きやすいところから、描いている。これは占領軍が敗戦国に降り立ったところ。




絵本「山は見えない」は、別の星の物語。
いわばSF(サイエンスフィクション)絵本となる。
  1. 2014/04/04(金) 22:59:11|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

細かいストーリーの手直し;絵本「山は見えない」


今日もまた、お絵描き。それからストーリーの手直しを行った。
これでOKと思った後に、そういえば、こんなこともあったな、と思いついて。^^;

ああでもない、こうでもないと、頁を前後させたり、書き直したり。

それでもだいぶ、前に進んでいる。そして今の時点では、ストーリーにも満足している。^^

絵本で書くということは、文章で書くよりも、はるかに誤魔化しが効かない。
本当にその事象について理解していないと、絵にはならない。短い文章で表わせない。

書くことで、僕自身、ずいぶんと勉強になっていると思う。 ああそうだったか、と。
そして、僕が気づいたことは、僕だけが分かっていてもあまり意味がない。出来るだけ大勢の人と共有したいと強く思う。一時流行ったニューエイジ的な物言いをすれば、気づきのシェアということか。(笑)

今の時点で、絵本のページ数は75頁を予定している。絵を描いていく中で、多少の増減はあると思う。
以下、今日のお絵描きです。

平和に暮らしている先住民たちです。

Yama1.jpg







  1. 2014/04/02(水) 23:29:08|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad