私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

2013年06月:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

悪い善い人; 差別をテーマとする絵本集の4作品目


差別をテーマとする絵本集の4作品目の制作に取り掛かっている。
タイトルは仮に「悪い善い人 -1」

悪くて善い人 とか 悪い・善い、人 とか 悪い/善い 人 とか 表現方法は色々だと思うけれど。

4本目にして、序論を終わって、初めて「差別」という言葉が登場する。
この「悪い善い人」で3本を書く予定。

この3本までは、かなりストーリーも固めているので、それほど時間を掛けずに書ききれると思う。
7本目から、ちょっと時間が掛かりそう。まだストーリーも相当に大雑把にしか出来ていない。扱う範囲が相当に広がるので、楽ではない。

6本で一段落させて、差別というテーマからはちょっと離れて、時間を置く手もありかな、と思っている。
  1. 2013/06/30(日) 15:59:27|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「優しい誘拐犯」アップしています


絵本「優しい誘拐犯」アップしています。
周辺作業(MIXI通知 FB通知 TW通知 グーグルサイトマップ WEBサイトマップ RSS マグマグ トップ頁修正)も、ほぼ終わりです。

⇒絵本「優しい誘拐犯」 -差別に関する絵本集の3作品目です

今日は、絵本「銃口の前」の英訳関連作業も。
  1. 2013/06/29(土) 17:35:40|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

親切な誘拐犯 お絵かき開始


差別シリーズ3本目の絵本「親切な誘拐犯」のお絵かきを開始した。


        

  1. 2013/06/26(水) 15:03:36|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

次の絵本は「親切な誘拐犯?」


差別をテーマとする絵本集の3本目を書き始めたのだけれど、話を整理していたら、わずか6ページ(本文4ページ)になってしまった。

これは1作品目、2作品目の8ページよりも2ページも短い。
絵本として、成立しているのかなあ?  ・・・ちょっと不安になってきた。^^;

もう少し、ストーリーを考えてみよう。

一応、仮タイトルは「親切な誘拐犯?」と考えています。
  1. 2013/06/24(月) 22:35:06|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絵本「水と洗剤」アップ


差別をテーマとする絵本集の2作品目。「水と洗剤」をアップ。
周辺作業(MIXI通知 FB通知 TW通知 グーグルサイトマップ WEBサイトマップ RSS マグマグ トップ頁お知らせ)も終了。

youtubeのアップも行なった。


  1. 2013/06/24(月) 12:50:53|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絵本「水と洗剤」執筆中


新作絵本「水と洗剤」を執筆中。
以下は、今日のお絵かきの1つ。コップです。


洗剤

  1. 2013/06/22(土) 23:20:34|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

差別シリーズ2本目 水と洗剤 執筆開始


差別シリーズ2本目 絵本「水と洗剤」の執筆を始めた。
ストーリーは、ほぼ固まったので、絵をどうするか、思案中。これもごく短い絵本になる。本文としては6ページになる予定。

この絵本でも、まだ差別という言葉は登場しない。まあ、じっくりと楽しみながら、書いていこう。^^
  1. 2013/06/21(金) 23:42:33|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

左メニューのアップ


今日は本体サイトの左側のメニューのアップ作業を行なった。100ページ以上の頁を手作業でアップするため、一日作業となる。^^;

しばらくアップをさぼっていたので、気になっていたのだが、終わってほっとしている。^^
  1. 2013/06/20(木) 23:52:48|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作絵本「テニスと鉛筆」アップです。


差別シリーズ1本目をようやく書き上げました!

今のところ、差別シリーズは20本ぐらいの絵本を書く予定としています。
まだ差別という言葉は、出てきません。書いてあるのは、あまりにも当たり前のことにすぎません。

差別という言葉は大変誤解されていると考えています。解きほぐすためには、こうしたごく当たり前のことから、改めて書いていく必要があるかな、と考えたものです。

多くの方にとっては、バカバカしいことと存じますが、ごく短い絵本ですので、是非、ご覧になってください。
またシェアなり、ご紹介いただけますと幸甚です。

⇒差別シリーズ1本目 絵本「テニスと鉛筆」

  1. 2013/06/18(火) 16:39:50|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

差別シリーズ、一作目は、「テニスと鉛筆」


差別シリーズの一作目の絵本は、「テニスと鉛筆」というタイトルにする予定。
ということで、まずは鉛筆の絵。

目の前にある鉛筆を写生してみました。^^


鉛筆の絵
  1. 2013/06/15(土) 23:30:34|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

差別シリーズの執筆開始


序論とでも言える6本のストーリーが、だいぶ固まったので差別シリーズの執筆開始。
まずは、これは本シリーズのWEBに共通することとなる壁紙から。

この1枚の絵で、基本となる考え方を表現したつもり。




  1. 2013/06/14(金) 18:17:20|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絵本「大事な議論」本アップと差別論


絵本「大事な議論」を本アップ。まだサイトマップまで出来ていないのだけれど、周辺作業の7割は終了。
本体サイトの左メニューはもう少し変更部分が増えてから、まとめてやろうと思う。
なんせ100頁超もの変更作業になるので、まとめないと大変なのだ。

差別シリーズのストーリーも少しずつ、形が見えてきた。
まずは前半部分。6本の絵本を予定している。この6本のストーリーはだいぶ固まった。

まずはそこまで書いていくかな。
後半部分は、またじっくりとストーリーを練る必要があるけれど。6本書いたところで考えるか。

絵本の数が増えてきたので、この差別シリーズの個々の絵本へのリンクは、トップ頁には載せないつもりで考えている。



  1. 2013/06/14(金) 01:58:03|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絵本「大事な議論」仮アップ


善悪という命令シリーズ12の、絵本「大事な議論」を仮アップ。
仮というのは、まだ周辺作業を全くやっていないから。

周辺作業というのは:

youtube
サイトのトップ頁への反映<
左メニューへの反映
サイトマップ2種類への反映
マグマグ通知
TWやFBなどでの通知
RSS

といったもの。
上記作業をこなして、正式アップは、一両日に行なう予定。


仮アップですが、ご関心がある方はこちらへ。⇒絵本「大事な議論」
  1. 2013/06/11(火) 15:44:55|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絵本 差別シリーズのこと


はじめは軽く考えていた差別シリーズ。
なかなか難しくて、ずっと考えいていたのだけれど、ようやく全体像が見えてきた。

まだまだストーリーは未完成なのだが、ざっと何本ぐらいの絵本になるか数えると、20本前後になりそうだ。
こんなに多くの本数を書かないと、自分の言いたいことを表現できないとは・・・ ちょっと予想を超えていた。

基本となる考え方を、もう少し書いていたような気がしていたのだけれど、とんでもなかったな。

実際に、僕が書きたいのは、集大成となるラストの1本の絵本だけ。
しかしながら、その絵本を読者に誤解なく読んでもらうためには、準備となる19本?の絵本が必要となるわけだ。そこまで書かなければ、もつれた糸はほぐせない。

誤解、錯覚の上に成立する、現代社会。世界。
糸は幾重にも複雑にもつれている。 ・・・なんともバカバカしい気もするが、一つ一つ、じっくりとほどいて行く以外、錯覚を解く方法は無いんだろうなあ。

向こう1~2年は、差別シリーズに充てることになるのかな。
ま、じっくりやろう。

これは僕にとって、名誉を奪われ亡くなって行った方々への鎮魂の儀式であり、同時に未来の世界を変える作業でもある。
それは時間を掛ける価値があること。僕は僕なりの祈りを紡ぐ。
 
  1. 2013/06/09(日) 12:18:06|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大黒屋さんへ -絵本の旅立ち


今日は、茅野市のお菓子屋さん、大黒屋さんへ、絵本「魔法のメガネ」を1冊、差し上げた。

大黒屋さんには、喫茶室があり、そこに絵本はじめ、たくさんの本があり、お客が自由に読めるようになっている。
絵本「魔法のメガネ」をそこへ置かせてもらうことにしたわけだ。

ちなみに大黒屋さんは、もともと福島で営業されていたとのことで、例の事故で、長野県へ移住されたとのこと。
和菓子、洋菓子その他誘惑の限りを尽くされていている。(笑)


⇒茅野市 大黒屋さん

  1. 2013/06/09(日) 01:13:17|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

広がる差別シリーズ


善悪中毒三部作を書き上げ、そろそろ書く時期になってきたかなと思い、差別シリーズのストーリー作りに取り掛かっているのだけれど。

前に進まず苦労していたが、その理由が分かってきた。
簡単に単純に、考えすぎていたようだ。

この差別論には、ずいぶんと多くの内容が含まれる。まず認識論。これは認識のパターンシリーズを書く予定で、現在一つだけ、絵本を発表している。(三次元だよ)。このシリーズをふくらませて行くつもりだったのだけれど、どうやら、かなりの部分、差別論で書くことになりそうだ。ごく技術的?なところを除いて。 
すみわけを考えないといけないかな。

差別と善悪の関係。差別と認識のこと。それから、思い込み。理解力。宗教関係。
差別を減らす方法/増やす方法 

・・・ネットでつらつら、ニュースの解説などを読んでいると、差別を良心なり、善悪の問題として考えている人々が実に多いことに改めて、気がつかせられる。こんな思い違いをしていては、いつまでたっても差別の問題は解決できない。もつれた糸が、より複雑に絡まるだけだ。

実に多くの人々が錯覚の迷路にはまって、もがき、争っているのだ。

それを思うと、誰にでも分かるよう、絵本の形で差別の本質を描き出すことは、やはり意義があることなのだと思う。そうそう簡単に、錯覚が解けるとも思わないが、出来ることはしておきたい。
大切なのは目先のことばかりではないと思う。

差別と戦って散っていた人々へ、鎮魂の祈りも込めて、ぐわんばろ!^^


  1. 2013/06/03(月) 14:18:07|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

英語版「愛と敵」youtubeアップ


英語版のyoutubeアップしました。


  1. 2013/06/02(日) 21:39:02|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad