私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

2013年01月:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

文章はほぼ完成 - 聖書論心理編


 「隣人を愛せず -聖書論心理編」 ほぼ文章は完成したと思う。
 何度となく読み返し、今の自分は満足だと感じている。あるいはまた、何かに気づいて書き直したくなるかもしれない。
 ただ、今の時点では、満足している。

 次は、挿絵、校正など。 漢字のチェックとか聖書引用文の見直しとか、リンク。html作成、PDF変換作業とか。手間仕事は多く残っていて、時間もまだまだかかるが、気持ちはちょっとほっとしている。^^
  1. 2013/01/30(水) 12:52:58|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世界を変える自信


電子書籍「二千年の幻想 聖書論-歴史編」は、昨年10月に発表。
3ヶ月で10冊ほど売れた。

この聖書論歴史編は、平和の絵本のWEB上で販売していた「原爆への復讐」の改訂版だ。この「原爆への復讐」は、2008年7月に発表したものだ。

5年ちょっとで30冊弱、販売した。

つまり、電子書籍「二千年の幻想 聖書論-歴史編」の読者の人数は、改訂前のものを合わせても40人に満たない。
そして、僕は今、後編を執筆している。

常識的に考えれば、「隣人を愛さず 聖書論-心理編」の読者も、せいぜい数十人だろう。それが全く常識的な考え方で、当然の予測だ。

しかしながら、「隣人を愛さず 聖書論-心理編」を執筆しながら、僕は、世界を変える自信を感じている。
それがいつになるか分からないけれど、いつかきっと火がつく。大変なことになるだろうと。

これには、何の根拠もない。
唯一、根拠があるとすれば、それは内容。しかし、僕が書いた「善悪中毒」にも、「二千年の幻想 聖書論-歴史編」の内容にも、僕は自信をもっている。

つまりは、根拠は何も無い。
それでも、僕は心のうちに、こうした僕が書いた本と、それから平和の絵本集で、世界を変えるという、静かな自信を感じている。

これは予感かな?(笑)

  1. 2013/01/28(月) 17:39:28|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

もう一つ、見つけ


そろそろ文章の方は、OKかな、と朝から読み直し作業をしていた。
全体の流れ、何かが抜けていないか、論点に矛盾はないか、そうしたことを考えながら、だ。

これは実はかなりの集中力が必要な作業。

てをには、とか漢字の間違いだと、引用のチェックとか、そういうことは、テレビを見ながらでも出来るが、全体の流れを押さえるためには、集中しなければできない。

そしたらやっぱりあった。
大事な論点を見落としていた。

快楽殺人者の心理分析を、長々としているのだけれど、なぜそんなことを書いたのか、肝心なことを書き忘れていた。
危ない、危ない。

聖書論後半「隣人を愛せず」の執筆に、そろそろ目処を付けたいのは山々なれど、完成を急いではあかんなあ。

僕が書いているのは、話題となっても半年後には消える、あぶくのような本ではない。数百年生き残り、世界を変えていく、人類の教科書となるような本(のつもり。志は高いのだ(笑))。

見つけられてホッとした。^^
  1. 2013/01/28(月) 16:35:42|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

愛と信頼について書き直し中


今朝も再び、聖書論心理編「隣人を愛せず」の書き直し中。
愛と信頼をテーマとした、部分だ。

昨晩、風呂に入りながらぼーっと考えていたとき、ふと思い出したのだ。

絵本「子供を犯罪者にする方法」に関して、批判ともいえる感想を昔、いただいたことを。
こちらのものだ。

ああ、こんな視点があるのか、とビックリした記憶がある。

新しい本の「愛と信頼」の章で、「虐待を受けて育った子供は、周りを敵と認識するので、素直に愛を受け取ることが難しい」といった心理を説明している。

実際、犯罪者の多くは、育った家庭に問題を持っているという。彼らの多くは冷たい家庭の犠牲者に他ならない。
だからこそ、犯罪者を糾弾するだけでは、問題解決にはならない、という趣旨で書いたのだけれど、これだけでは、言葉足らずになる可能性に気づいたのだ。

つまり、虐待を実際に受けて育った人に趣旨を誤解される可能性がある、と。
このままでは、「私は虐待を受けて育ちました。私は犯罪者になるのでしょうか。私は愛を受け取ることは出来ないというのでしょうか」というように。

そこで朝から書き直し作業中なのだけれど、どう書くか、結構、難しい・・・^^;

  1. 2013/01/23(水) 10:42:17|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

書き直し終了


昨日、気づいた書き直し必要な部分。今日、一日で書き直しが完了。
凶暴化の心理。ずいぶんとややこしいけれど、そこそこしっかり書けた。^^


最初から一度、読み返してみた。

細かいところで、後回しにしているところはあるし、挿絵もまだこれからだけれど、原稿の文章自体はだいぶ、完成に近づいてきたように思う。^^

内容は、本当に重要なこと。難解な本だけれど、恐ろしく重要なこと。僕の予想が当たるならば、数百年後の世界を変える本。

聖書論心理編「隣人を愛せず」
一番難しいところは、終わったと思う。

もうちょっと。 がんばれ、俺!



  1. 2013/01/21(月) 22:43:19|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

また書き直し


細かいところや、挿絵は除いて、だいたい書けたかなあ、と読み返していたら、110ページまでは、かなり満足。自分で読んでいても、総毛立つ感じで。^^ すごいなあ、と。(←幸せな奴)

でもその後が、ダメ。「凶暴化の過程」、全然、満足できず。書いてあることが間違ってはいないけれど、全体の流れの中で、ちょっと浮いている。せっかく調子よく読んでいたのにガクッと来てエンストした感じ。


ああ、また書き直しだあ・・・
  1. 2013/01/20(日) 23:37:49|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

人類の富を増やす/無料コピー


どうでもいいような話です。
ご笑読ください。

-----------
僕が書いている平和の絵本集。商業ベースをのぞき、自由にコピーしてください、と言っています。
ということは、発表済みの絵本集は、僕だけの所有物、とはもう言いがたい。
それって個人ベースで見れば、損に見えるかも知れない。

それじゃ、誰のものになったのか、と言えば、おおげさに言えば、人類のものになったのかもしれない。
・・・そう思えば、視点が変わる。

僕が絵本を書いて発表することは、そのまま人類共通の資産を増やすことに他ならない。
僕の絵本で、「気づき」が広がれば、それは人類の「気づき」が増えたことに他ならない。

そう、僕は「ご自由にコピーしてください」ということで、直接、人類共通の富を増やす仕事をしている。
これはずいぶん、得なことだ。^^


  1. 2013/01/16(水) 12:23:09|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

ワードで150ページ超え


読み返しては、「ああ、これも付け加えなければ」と思いつく。
そして書き加えていたら、ワードで150ページを超えてしまった。^^; なんか大作になってきた。

10年前の元原稿では、この箇所は、60-70ページしかなかった。
つまりは、書き直し、書き足している間に、倍以上にボリュームが増加してしまった。

まあ、分かりやすさを追求すれば、ある程度のボリュームは必要となるのだろう。
これに引用や、挿絵が加われば、もっとページ数が増えるかな。

・・・それに、本当にこれはややこしい話だ。
人間の心理とは、なんとも複雑怪奇だ。。。

  1. 2013/01/13(日) 16:15:01|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「隣人を愛せず」作業中


今日も一日中、「隣人を愛せず-聖書論心理編」の執筆作業。
ずいぶんと出来てきた。

ひどくややこしい話が、それぞれの場所-章や節-に落ち着いてきたと感じている。
聖書論歴史編よりも、はるかに難しい話なのだが、統計資料は使わないことにしたので、計算がない分は楽。

最初に予定したよりも、長い本になってきた。今、ワードで145ページ。
かなりのボリュームとなる。元原稿を倍ぐらいに増やした計算になる。

分かりやすくと思い、丁寧に説明していたら、分量がどんどん増えてしまった。

もう少しで、挿絵を描く作業に進めるかな。あとは色々な視点で読み返す作業。
それから校正とか。

まだまだだけれど、最初から最後まで、それほど違和感なく読み通せるところまで来たので、一番難しいところは過ぎたかも。
  1. 2013/01/09(水) 22:11:38|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

13,676クリックを生かさないと


現在、フェイスブックの「いいね」クリックを最も多く獲得しているページは、英語版のLove and Enemiesで13,676クリックとなっている。

日本語の平和の絵本のFBファンページで、82クリックなので、Love and Enemiesが飛びぬけて多い。


ところが、このページを移行しなければいけない。FBでのサービスの変更があるとのことで、FBから要請されているのだ。
そこでどういう形で移行するのか、迷っている。

ページごとにするのは、ファンページが増えるだけで大変なので、1本にまとめるかなあ、とか。将来、スポンサーを募集したとき、動きが取れることも大事だしなあ、とか。

技術的なことも、よく分からないことが多くて、しんどいものだ。><;


  1. 2013/01/09(水) 10:54:28|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エンドレスの作業 -聖書論心理編


新年早々、聖書論心理編と格闘中。
何度と無く、書き直し、追記をしているのだが、読み進めると、また書き直したくなる。
作業はまさにエンドレスだ。^^;

愛を錯覚した人々が、どんな世界を作るかを書いているのだが、恋人同士の関係から国際関係まで、ありとあらゆる事象が関連してくる。

あれもこれもと書いていると、ゴッタ煮の感となってくる。書かなければ、読者には関連が伝わらない。

恋愛に興味がある読者には、恋愛の話をたくさんしたいし、戦争や国際関係の話に興味がある読者には、恋愛の話は余計だろう。
バランスも大事。気配りも大事。場合をつくすことと、メリハリをつけること。

自分の予定としては、もう挿絵を描く作業を始めている頃のつもりだったが、まだもう少し、掛かりそうだ。
  1. 2013/01/05(土) 20:15:51|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

式神冷水様へ


ご寄付をいただいた式神冷水様へ、本日、絵本「魔法のメガネ」を1冊お送りした。
式神様は、これまでも何度と無く、魔法のメガネの旅立ちにご協力いただいています。^^
  1. 2013/01/04(金) 21:46:08|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad