私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

2011年06月:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

新作絵本「民主主義が戦争を起こす?」


新作絵本「民主主義?」の内容を固めていたら、もう一つ、重要なテーマの存在に気づいた。
そのストーリー作り。
民主主義シリーズの2つめは、仮題「民主主義が戦争を起こす?」

民主主義が戦争の原因となる、・・・ことはないと思う。きっと?
しかしながら、民主主義に関連する錯覚は、確かに戦争の原因となるだろう。

ざっとストーリーを作ってみた。とはいえ、もっとじっくりと考える必要があると感じている。
いやあ、ややこしいなあ!^^;;

大事なテーマだと思う。どこまでスッキリと書けるだろう?
本質をついて、より明確に、単純に。
  1. 2011/06/29(水) 21:45:41|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作絵本「民主主義?」


朝からずっとやっていて、新作絵本「民主主義?」の文章の部分、ほぼ完成!
あとは絵。

錯覚の話なので、なかなか現実がこうだ、と主張することはできないのだけれど(主張する気もないけれど)、この絵本で描いたような錯覚、結構、ありそうな気がするなあ。

話題にならないんだろうか? ・・・ま、100年後ぐらいには。^^;;

善悪とはもともと離れて書いたのだけれど、結果的に、・・・こんなところにも、間接的に善悪の問題が顔を出すのは、ちょっと驚き。すごいな、と思う。まあ、根深い問題ではある。

絵については、大勢の人を描くことになるので、ちょっと大変そうだけれど、がんばろ。焦って描くと、結局、描き直すはめになるので、楽しんで描きたい。^^
  1. 2011/06/29(水) 14:00:50|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

民主主義?


新作絵本のアイデアを整理していたのだけれど、その過程で「民主主義?」という新作絵本のストーリーがほぼ固まった。
民主主義については、いくつか絵本を書きたいのだけれど、連作になるのかなあ。その辺はまだ決めていない。
他にも書きたいテーマはたくさんあるし。

いじめのこととか、もっと書きたいし。

ま、まずは、1つ。民主主義、というか多数決に関して、思うことを絵本に書いてみたい。

錯覚、というのは実に大きなことだと思う。今回、民主主義に関するストーリーを練っていて、改めてつくづくと思った。近道というものはないんだなあ、ということも。

どんなに素晴らしいシステムを作っても、心が伴わなければ、どうにもならないもの。

英訳ばかりやっていて、新作絵本を書きたくなっているので、しばらくはこの絵本に取り組むかな。
  1. 2011/06/29(水) 01:39:37|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新しい絵本のアイデアの整理


この2-3日は、新しい絵本のアイデアの整理に費やしている。
今日は、民主主義の問題点―錯覚について、しばらく考えていた。「多数決で物事を決めたら、民意を反映できる」という考え方は、とても分かりやすいのだけれど、実はそれほど単純ではない。・・・と思う。

だいぶ見えてきたように思う。

絵本のアイデアの整理とは、同時に僕の思考の整理でもあるわけで・・・

たくさんのアイデアの中から、どのテーマを選ぶのか。平和の絵本の大きな方向性は見えているけれど、目の前のテーマの何を選ぶか、そこにはもちろん、様々な選択があり・・・

ベットの上でそんなことを色々考えていたら、もう夜中の2時。目が冴えてしまった。^^;



  1. 2011/06/28(火) 02:12:31|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

沖縄慰霊の日


今日は沖縄慰霊の日。
沖縄戦は終わったが、手付かずで残っている戦争の原因。

戦争の大元の原因は、ほとんど解決されていない。・・・そう思う。原因とも呼べない、小さな原因のいくつかは、除去されたのかもしれないけれど。

急ぐことはできないけれど、焦らず、一歩一歩、自分に出来ることを精一杯やっていこう。


黙祷


---

KAGURAさんの絵で描く、「善悪と愛憎」アップしています。
  1. 2011/06/23(木) 23:12:39|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

英語版「やるか、やられるか」アップ


英語版の「やるか、やられるか」をアップ。これで、善悪という命令シリーズは英語版も完結。

→Kill or Br Killed(英語版「やるか、やられるか」)
  1. 2011/06/22(水) 22:34:04|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

英語版の絵本を2本アップ


英語版の「悪いことは悪い」と、「攻撃命令無制限」をアップ。

→Evil is evil (What is the cause of war?); Orders called 'Good and Evil' -8
→Attack Orders Unlimited!; Orders called 'Good and Evil' -9

もう一本、英語版の「やるか、やられるか」を一両日中にアップ予定。その1本で「善悪という命令シリーズ」の英語版が終了する。

一歩一歩だな。

新作絵本も描きたくなってきた。^^
  1. 2011/06/22(水) 00:05:17|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

KJ法と絵本集


懸案事項ということで・・・

新作絵本のアイデアを練っていると、そのアイデアと他の絵本集との関連、位置づけが難しいと強く感じる。
以前は、そうでもなかったのだけれど、絵本の数が増えて、WEB上で50本近くになっているので、新しい絵本のアイデアが、既存の絵本集と全く無関係ということはない。

テーマの一部は重複するもの。

位置づけを考えないで、純粋にその絵本のストーリーとして書いたほうが楽。ただそうすると、重複の問題をどうするか。同じことを角度を変えて言っただけ、ということも出てくる。

一度書いてしまうと、ある程度、重複を避けたいので、全く同じことはかけなくなる。しかしながら、もっと上手なアプローチの方法を後から思いついたり。本当にこのアプローチの方法が、一番、分かりやすいのだろうか、とか考えていると、訳が分からなくなる。

そこでこれもKJ法みたいなやりかたなのかなあ、と。

KJ法(カードを使った情報の分類整理方法)は、ずうっと使っているのだけれど、絵本をKJ法の1枚のカードに見立て、アトランダムに絵本を書いて、その後、分類するということ。

そんなやり方もあるのかなあ。はじめから重複を恐れないで。

たとえば、善悪の重要性といった小説なり、作品は、無数に繰り返されている。この繰り返しにこそ、マインドコントロールの秘訣がある。であるなら、重複には、繰り返し、という価値があるのかもしれない。
逆暗示も繰り返さないと、マインドコントロールは崩せないから。

重複を気にする必要はないのかなあ?


もう一つ、懸案事項として話変わるけれど、youtubeの利用ということも・・・


  1. 2011/06/20(月) 12:03:45|
  2. 懸案事項|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

都立西高の石井先生へ


ご縁があって、都立西高の石井先生とおしゃべり。絵本「魔法のメガネ」を差し上げた。
  1. 2011/06/18(土) 14:49:23|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絵の修正


以下の通り、連作絵本シリーズ「想像という現実」の絵を修正。数字はページ。
主な修正は、「想像」に点々をつけて、誰の想像なのかより明確に表現したこと。


駅のホームにて 3 4

人違い  なし

土の中 2 7 影をつける

扉を開けて  なし

心という現実 3 4 9

愛に飢えて 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

異常者への手紙 17

希望 4 6 7 8 9 10 13 14
  1. 2011/06/11(土) 14:23:44|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

想像という現実―ふきだし


せりふを書く、ふきだし。
この表現方法で、想像という現実シリーズを、より分かりやすく描けることを発見し、描きなおした。
まだwebまでは修正していないけれど。

ちょっとしたことで、表現の幅が広がるもの。

想像という現実で、何回も描いたことは、誰かの心の中を想像している人。つまり、誰かがこう考えているんだろうと、考えている人。2回、「考える」が重なるので、表現が難しかった。

それが、点々を付け加えるだけで表現できることに気づいたのだ。まあ、当たり前のことのようだけれど、以前、描いていたときは、思いつかなかった。こうやって、ちょっとずつ表現力がついていくものなのか。

近日中にアップします。

それから、パブロフの犬の絵の描きなおし分は、もうwebにアップしています。
  1. 2011/06/09(木) 23:23:13|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

パブロフの犬の絵を書き直し中


がんばって、パブロフの犬の絵を描きなおし中。
この絵本、パブロフの犬は、結構、アクセスが多いのだ。検索エンジンで上位表示されていて。
その意味でWEBの入り口の1つであり、その割りに、自分でも現在の絵が稚拙すぎてイヤになってしまった。
ということで、描きなおすことに決めたわけ。

大きく変更するつもりはないけれど。こんな感じ。細部の処理で同じような絵でもずいぶんと印象が変わるはず。










  1. 2011/06/06(月) 15:39:15|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

絵の描き直し


以前、描いた絵本を見ていたら、絵を描き直したくなってきた。
数を増やすことばかりじゃないな、という気がしてきた。描きたいテーマはたくさんあるけれど、絵が下手で見てもらえない、ということになるのも辛い。

以前描いた絵で直せるものも、たくさんあるので、少しずつ、これもやっていくかな。前に進むことを焦らないで、たまに立ち止まることも大事かもしれない。

たとえば、パブロフの犬。デザインそのものは、これでOKだけれど(単純な絵で十分だと思う)、線とか不鮮明。これはソフトの使い方の問題でこうなってしまった。画像の縮小などの途中で不鮮明になってしまい、当時はどうにも出来なかった。

線を鮮明にするだけで、ずいぶんと印象が変わるように思うのだ。
  1. 2011/06/05(日) 13:30:46|
  2. 懸案事項|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

見直し


前アップしていた絵本を見直していて、想像と現実シリーズのいくつかの絵に、後頭部を書き足したくなった。
そのほうが分かりやすい気がして。

英語の翻訳作業も続けている。リンクの仕方、解説の書き方、絵等、いくらでも修正の余地があるので、とにかく焦らずじっくりと時間をかけて行きたいと思う。

書きたいテーマもいくらでもあるしなあ。
  1. 2011/06/04(土) 23:50:25|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

英語への翻訳


ひらすら、絵本の翻訳作業。善悪と言う命令シリーズの残りの部分も、だいぶめどがついた。
英語の勉強になる。^^

日本語英語のWEBを、それほど時間差なく、アップしていきたいものだ。
日本語版が、ずいぶんと先行してしまったので、少しでも追いつこうと頑張っているのだけれど・・・
ま、新作絵本を描きたくなるまで、かな?
  1. 2011/06/02(木) 21:26:15|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad