私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

2011年05月:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

英語版絵本2本アップ


英語版の絵本を2本アップ。

英語版「殴れるよ」You can punch
英語版「見下せるよ」You can scorn

関連作業中。

including;
サイドメニュー、関連リンク色々、PDF、目次、マップ関連など
  1. 2011/05/25(水) 21:43:25|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

グーグルのサイトリンクをget!


うわあ、これはちょっと嬉しかったな!(^^)
本体サイトのwww.j15.orgが、グーグルのサイトリンクを獲得したのだ。

サイトリンクというのは、たとえば、グーグルで「和を地球へ」で検索すると、www.j15.orgが検索のトップで表示されるけれど、そのとき、検索結果の下の方に、以下のリンクも同時に表示されるということ。


本当に悪いのは誰?
イラストレーターの絵
善悪と愛憎
殴れるよ
魔法のメガネ
善悪中毒の心理学
やるか、やられるか
正しいことって、何?


つまりグーグルの検索結果で、普通は1つのリンク先しか表示されないのに対して、最大9個のリンクが表示されることとなる。

まあ、どれだけ人を集める効果があるのかは分からないけれど、少なくともグーグルにそれなりにWebとして評価されたという証拠になるのだ。seoの観点から、頑張っていることを証明されたということ。それも王道で。

個人的にはかなり嬉しいのだ。^^



  1. 2011/05/23(月) 23:10:59|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

英語版の作業


英語版の翻訳作業を行なっている。
「殴れるよ」「見下せるよ」の2つの絵本の英語版を、近々アップできそう。
  1. 2011/05/21(土) 22:29:24|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

WEB(くもの巣)のように


全体の絵本の構成というか、位置づけなんだけれど、もつれ合った糸、くもの巣のように、有機的に作っていこうと思っている。

テーマごとに絵本が分類されて、綺麗に分かれている、というのではなく。

平和の絵本で描いているのは、基本、心の世界。そこはテーマ別に分類されているわけではない。一つ一つの絵本には、基本、テーマは1つしか乗せていない。1つのテーマ、つまり1本の絵本は、様々な事柄と関連する。

そんなことから、WEBの絵本の最後なり、あるいは途中なりに、他の絵本へのリンクを張っている。有機的に関連付けたいからだ。

今、新しい絵本のアイデアを色々練っているのだけれど、1つ考えているストーリーは、既存の絵本の「平和主義?」の続きであり、同時に、「悪人さん、ありがとう」の連作でもある。しかしながら、「平和主義?」と「悪人さんありがとう」は同じ枠内ではない(平和の絵本という、おおきな枠内であるというだけ)。

順番に読んでいく、ということが不可能な絵本集。途中から戻ったり、別の連作に飛んでしまったり。
つまり、「順路」が決まっていない、むしろ迷路のような。遊園地を探検するような。
・・・そんな絵本集にすることを意識している。

ま、心の世界って、そんなものだし、その方が発展性があるし、何より僕としても表現しやすいように感じている。
グチャグチャに、くもの巣のように。
  1. 2011/05/14(土) 10:38:11|
  2. 懸案事項|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絵本のアイデアを整理?


次にどんな絵本を描くのか。どんな方針で新作絵本を描いていくのか。
そんなことを考えながら、100ページを超えるネタ帖を整理していたら、頭が混乱^^;

訳が分からなくなって、ひたすら眠くなってしまった。(苦笑)

おそらく、量というのは大切なのだ。もちろん、質が高いに越したことはないけれど、同時に絵本の量も必要なのだと思う。様々な角度から、ああでもない、こうでもない、と。
心に働きかけるという点を考えると、量を増やすことで、はじめて、可能になることがある。
50本よりは100本、それよりは200本と。

検索エンジン対策としても、ある程度の量は大事なのだと思う。

新作絵本を考えた場合、論理体系として、穴を埋めていく、ということも大事なのだけれど、同時に僕自身の創作意欲ということもある。必要性だけでは描けない。必要性と描きたいこと、というのは、また別なのだ。

描きたいことを、時にはダイレクトには描けない。隣町に行くのに、時にはアラスカを経由するようなことも必要だ。。
・・・色々な難しさがある。

  1. 2011/05/12(木) 21:41:32|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

千葉県教職員組合 斉藤様へ -絵本の旅立ち


千葉県教職員組合の斉藤様へ絵本「魔法のメガネ」を1冊お送りした。
 
  1. 2011/05/12(木) 11:04:58|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トップページをまとめていくこと


新しい絵本のアイデアを練っていると、いくらでもネタが沸いて来る。ワードにネタ帳を作っているのだけれど、すでに140ページ。ある程度、ストーリーになっているものから、数行の思いつきまで。

少なくとも、僕が生きている間、絵本のネタが無くて困るということは無さそうだ。^^
問題は、どのネタを選ぶか。どれを発展させて行くか、ということ。すべてのアイデアを絵本には出来ないから。

平和の絵本のトップページは、絵本のリストを載せているけれど、もっと表を利用して、似た絵本はシリーズとして集めていく必要があるかな、と思っている。これからまだまだ数が増えるから、ある程度、まとめた表示をしないと、長くなり過ぎる気がするのだ。

時々、昔描いた絵とか書き直したくなるのだけれど、当分、そこまで手が回ることは無さそうだ。
  1. 2011/05/11(水) 11:11:11|
  2. 懸案事項|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メッセージ広告の再開


さて震災後、自粛していたメッセージ広告を本日から再開した。ツイッターの書き込みも始めようと思う。
ということで平和の絵本は平常運転モードへ戻ります。
  1. 2011/05/03(火) 14:34:55|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

三重県の小笠原様へ -絵本の旅立ち


絵本「魔法のメガネ」を1冊、本日、三重県の小笠原さんへ、旅立たせました。
  1. 2011/05/02(月) 17:43:14|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

平和の絵本のチャリティのご報告


平和の絵本のチャリティとして、3月16日より4月末まで、私どもへご寄付い
ただいた金額を東日本震災の義援金として全額寄付致しました。

以下領収書の通り、合計34,400円を3回に分けて、義援金として振り込んでおります。(東郷個人からの振込み分は含みません)



ご協力いただいた方は以下の通りです。
誠にありがとうございました!!

福岡県の瀬崎様から、1,200円
沖縄県の仲間様から、10,000円
奈良県の北田様から、2,000円
長壁満子様から、2,000円
式神冷水様から、10,000円
石川安則様から、1,000円
式神冷水様から2回目、4,000円
成田市の二階堂様より、1,200円
式神冷水様から3回目、3,000円

またこれに伴い絵本「魔法のメガネ」を23冊、旅立たせることが出来ました。

絵本の送付は、寄付された方の手でお送りしたものと、寄付された方からのご依
頼で私どもから直接送付したケースもございました。

今回、私どもで分かっている絵本の寄贈先は、長野県の中学校7校、東京新聞の
田原牧さん、在日米軍基地の小学校2校、大阪の橋本知事、東京都の石原知事と
なります。

  1. 2011/05/01(日) 14:11:18|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad