私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

2010年01月:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

今日のお絵描き;新作絵本の1ページ用


こちら今日のお絵描きの一部。よく見るとまだ靴の色が途中ですね。^^;




  1. 2010/01/31(日) 23:29:30|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「世界平和」でYAHOOでトップ


久しぶりに、検索順位をチェックして驚いた。
なんと「世界平和」のキーワードで、YAHOO JAPANで検索すると、トップページのトップに位置している!
これは初めてじゃないかなあ? ・・・よく覚えていないけど。
「平和」で検索してもトップページの9番目。

YAHOOは、しょっちゅうアルゴリズムを変更するので、一時的な現象だと思うけれど、それにしても、嬉しいな。
何年間も、地道にSEOをやり続けた成果ではあるし、何よりもリンクをしてくれている皆様のおかげでもある。

リンクをしてくださっている方々、改めて、ありがとうございます。m(--)m
  1. 2010/01/31(日) 11:20:52|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日もお絵描きを


今日は、SEO関係の作業をしたのだが、その後、少し時間があり、お絵描きの続きも行なった。
新作絵本「平和主義?」用のものです。
先生が怒っているところを描きました。



  1. 2010/01/30(土) 22:41:49|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日のお絵描き まだ途中のもの


今日のお絵描き。教室で遊んでいるところ。まだ途中です。



  1. 2010/01/30(土) 00:33:47|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作絵本用の今日のお絵描き


さて、今日のお絵描き。新作絵本「平和主義?」用。
お金の貸し借りをしているシーンです。チョイワルオヤジ風に描いてみました。
着やせするマッチョというイメージで描いたのだけれど、逆に着ぶくれ風になっちゃったかな?




  1. 2010/01/28(木) 20:38:52|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日のお絵描き:絵本「平和主義?」


今日のお絵描きです。新作絵本「平和主義?」用の絵です。
列に割り込みをしているイラストです。




  1. 2010/01/28(木) 00:07:16|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日のお絵描き;馬鹿にする女子学生


さて、今日のお絵描き。新作絵本「平和主義?」の中の、女生徒が馬鹿にして、嘲笑する、というシーンです。



  1. 2010/01/26(火) 23:45:59|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日のお絵描き―新作絵本「平和主義?」


さて、今日のお絵描き。新作絵本「平和主義?」用です。
画鋲がお尻に刺さって、慌てて立ち上がったという絵になります。

椅子と机は、真横から見たところ。斜めから描く方が自然かな?とも思ったけれど、そうすると絵の手間が何倍かになってしまう。^^;
一方で、絵は単純な方が分かりやすい(複雑にする必要がない限り)という気持ちもあって、真横からの絵としたもの。
・・・ま、真横からでも、十分、椅子・机に見えるようで、僕の絵本は、別に絵を鑑賞してもらう目的ではなく、あくまでも気づき・平和のメッセージを描くことが目的なので、これで、ま、いいか。^^




  1. 2010/01/25(月) 16:14:44|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

新作絵本のお絵描き開始


ようやく、新作絵本「平和主義?」のストーリーが固まって、お絵描きを開始。
しばらくはお絵描きを楽しめそうだ。^^

これは、絵本の下書き。最初のページ。



  1. 2010/01/24(日) 23:11:42|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作絵本「平和主義?」のストーリー作成


もう一度、最初から書き直して、ようやく形になってきた。
新作絵本、題名は「平和主義?」となりそうだ。
なかなかポイントが押さえられなかったけれど、これで、テーマも明確になったように感じている。

昨日までは、自分で書きながら、何を言いたいのか、自分でもどうもよく分からなかったのだ。

細部は、まだ詰めていないけれど、あとは時間をかければ、どうということはなさそう。
絵のイメージも、結構、わいてきた。^^

善悪で平和は達成できない。錯覚で平和は作れない。…そのために、今回のテーマも、押さえておく必要があると感じている。

ぐわんばろ!
  1. 2010/01/23(土) 23:02:59|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

東京の学生、松下氏へ


インタビューに来てくれた、東京で教育関係の研究をしている学生の松下氏へ、絵本「魔法のメガネ」を1冊、プレゼントさせていただいた。

  1. 2010/01/22(金) 22:27:34|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

学生からのインタビュー


今日は以前に申し込みを受けた、東京の学生、松下氏のインタビューを受けた。
松下氏は教育学を専攻されていて、ネットを使った平和教育といったことを研究されている。

平和の絵本の思想・活動に関して、色々ご説明をさせていただいた。
これからの世界を支えていく若い方に関心を持っていただくのは、大変にありがたく、また頼もしい。


・・・それから、新作絵本のストーリー作りも。
昨日まで、壁に当たっていたのだが、今日は1つアイデアが生まれ、内容をだいぶ変更する必要があるけれど、前に進めそうな気持ちになってきた。^^

ぐわんばろ。
  1. 2010/01/22(金) 22:21:57|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ストーリーの練り直し


新作絵本のストーリー、一応、出来たのだが、どうも気に入らず、練り直し。
絵を描こうという気になれなかった。
単純な話なのだけれど、単純なだけに難しい。

まあ、書きたいストーリーは、いろいろあるし、別のものに乗り換える手もあるのだけれど。
・・・そんなことも考えている。難しいな。

あ、これで行こう、という気持ちになれるまで、まだしばらく悩みそうだ。^^;


少し気分転換で、全然違う作業をするかなあ?
WEBで、いじりたいところとか、手を抜いているところとか、色々、やろうと思えば、あるし。
  1. 2010/01/21(木) 23:18:04|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作絵本のストーリー作り


新作絵本のストーリー作りをしているのだけれど、難しいなあ。
文章はまあまあ、なのだけれど、絵のアイデアが出てこない。^^;

どうやって表現するのか、アイデアが出ないのだ。いくつか考えてみたけれど、どうも分かりづらくて。
分かりやすさの追求が絵本なのだから、分かりにくければ、話しにならない。

どうしよう? もう少し、時間がかかりそうだ。
他の絵本にするかなあ?
  1. 2010/01/20(水) 22:12:10|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ユダヤ人からの手紙


私どもの絵本、「僕らは特別」の英語版、We are specialに関して、ユダヤ人と思われる方から、ご意見・ご感想をいただきました。
大変、興味深く感じ、ざっと日本語に訳してみましたので、資料としてこちらへ置いておきます。
原文(英文)はこちらです

----------------以下、日本語訳---------------------------

もし、あなたが、反ユダヤ主義をシナイ山で律法が与えられた自然な結果だと説明しようとしているなら、あなたはイスラエルの賢者の次の言葉を知るべきだ。「なぜシナイというのか? それは世界に憎しみをもたらしたからだ(sinaはヘブライ語で憎しみ)」
しかしながら、同じ賢者が、神と律法へ、揺ぎ無い献身をしている。

あなたの考えの混乱は、ユダヤ人の分離主義が、恣意的に自分に課したものだというところにある。真実は正反対だ。それは神の結果によるものだ。律法の要求と、いかなる時代や国の、支配的な宗教・文化に対する、必要な拒絶なのだ。

ユダヤ人は、もし3つでなければ2つの、世界で支配的な宗教の設立へ関わっている。また同化したユダヤ人は、少数であるにも関わらず、科学や文化で大きな業績を残している。このことは、反ユダヤ主義を弱めはしない。むしろ、その逆だ。

世界で最も反ユダヤ的でないのは、米国だ。なぜなら多民族国家だからだ。伝統的なユダヤ人とアメリカ人の違いは、はるかに反ユダヤ的なフランス人、英国人との違いより小さいということはない。あなたの命題は、イスラエルとユダヤ人に関しては、間違っている。そしてもしあなたが正しいとしても(そうではないのだけれど)、あなたの解決は、国家的な自殺であり、消滅だ。我々としては、最後の審判を楽しみにしながら、続ける方がましだ。我々をサポートした正しい人々はその報酬を得て、我々に反対した人は、ふさわしい運命を得ることとなる。
それはあなたたちの選択であり、我々の選択ではない。

  1. 2010/01/20(水) 11:22:49|
  2. 資料|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作絵本作りと英訳と


平和主義者が、戦争を起こす。…そんな言葉がある。
ま、そんなこともあるだろうな、と思う。単純な平和主義では、戦争は防げない。

今回の新作絵本は、ちょっとその辺も意識して、怒りをテーマとするもの。
単純な非暴力、平和主義… そこにはやっぱり錯覚の余地があると思う。

もっともっと中へ。自分自身へ。

微妙なテーマが増えてくるなあ。^^: 

そんなわけで、微妙なテーマを考えつつ、英訳作業をしたり、メールを書いたり…
ルーチン作業が続く。

そういえば、学生さんから、インタビューの申し込みも有った。
  1. 2010/01/18(月) 22:01:23|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

今日も英訳と新規絵本のストーリー作り


今日も英訳作業と新規絵本のストーリー作りを行なった。
しばらくは、同じ作業が続きそうだ。


  1. 2010/01/16(土) 22:45:57|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

英訳作業と、ストーリー作りと


今日も新作絵本のストーリー作りと、既存の絵本の英訳作業を行なった。
ま、一歩一歩ということだ。
  1. 2010/01/11(月) 23:37:46|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新作絵本の表現方法の工夫


新作絵本のストーリーを練っていたのだが、基本的な表現方法で困っていた。
短い絵本なのだけれど、子供から大人になるまでの、色々な場面を描きたかったので、そこをどうしようか、と。
毎ページで数年たちました、と、説明するのも、煩雑だし。色々な場面を描きたいということだけで、バンバン時間を飛ばすのも不自然だし、と。

そこで、困っていたのだけれど、あ、そうか、マリオシカのように描くのか、とアイデアを得た。

これで、前に進めそうだ。
表現のアイデアを得るところが、なかなかに難しい。
  1. 2010/01/10(日) 23:27:16|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新しい絵本のアイデアやストーリー作り


英訳ばかりでも飽きてしまうので、今日は、新しい絵本のアイデア整理や、ストーリー作り。一番最初の基礎作業のところ。

今度は、怒りをテーマとした絵本を考えているけれど、まだ決めてはいない。
新作絵本のネタは、いくらでもある。その中で、何を書くのか、どっから手をつけるか、迷うところだ。

ま、楽しんでやろう。^^
  1. 2010/01/09(土) 22:49:10|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
NEXT
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad