私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

2007年05月:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

田中宇さんの国際ニュース解説へ


田中宇さんの国際ニュース解説メルマガ。ご覧になっている方も多いと思う。
17万部出しているというから、大変なもの。
そのメルマガに、早ければ明日にでも、以下の文面で平和の絵本の広告が乗ります。
どんな反応があるのか、楽しみ。^^


●戦争が起きるのは当り前。この原因に気づくまで人類は永遠に戦いを繰返す。争いの根本原因、善悪中毒!
     http://www.j15.org/GoodEvil/index.html
●平和の絵本を米国議員へ贈ろう! 僕らの手で本気で世界平和を達成しませんか?
      http://www.j15.org/homepage/CongressUSA/index.html
●檄文、憂国の侍へ
          http://www.j15.org/yukoku/index.html
  1. 2007/05/30(水) 10:51:18|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

AllAboutの永瀬さんへ


AllAboutのガイド、永瀬さんへ絵本「魔法のメガネ」をプレゼントした。
ALLABOUTへカテゴリー登録してくれたことへの御礼として。

なお、送り状の住所など、オーストラリアのものから、変更。

  1. 2007/05/25(金) 16:35:13|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まぐまぐ発行


不定期で、メルマガ「世界平和は僕らの手で 愛と癒しと平和の絵本! 」を出しているのだけれど、日本への帰国のご報告で、第11号を発行した。

帰国関係は、日本語版に関しては、大体、これでOKかな? 後は英語関係もやっておかないと。

さてと、これから、ですね! 焦らず、じっくりと。。。^^
  1. 2007/05/17(木) 23:10:53|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

和を地球へ便りを


寄付してくださった方など、お世話になった方へ、活動の報告をするメールを不定期で出しているのだけれど、今日は、日本へ帰国した報告のメールを出した。

一括同報メールということで、数個のソフトを試したのだけれど、どうもうまく使えない。
まるっきり送信が出来ないか、送信が出来ると大きな広告が入ったりで。

結局、全員へ手作業で一通一通出すことになってしまった。^^;


  1. 2007/05/15(火) 23:18:08|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

日本を拠点に


まだまだ考えがまとまらないのだが。
むろん、急いでもいないし。

とはいえ、日本を拠点にすることで、具体的にどう、行動していくか。
どう、この活動を発展させていくか。

いろいろと考えを練っている。…同時に感性をより研ぎ澄まそうと心がけている。
自分ひとりの「脳」で考えても、限界があるもの。
理性よりも直感、・・・そんなもの。(^^)

いずれにしろ、やれること、やりたいことは山のようにある。楽しみだ。(^ー^)

少しずつ、見えてきたら(固まってきたら)、日誌に書くなり、行動に移すなり、していきたい。

ぐわんばるぞ!(^O^)



  1. 2007/05/10(木) 00:37:30|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

LANの構築


昨晩は、ずうっとLANにプリントサーバーを組み込む作業で終わってしまった。
ADSLの接続を一度、無線で飛ばして、次にそれを受信機付のスイッチングハブで受けて、そこから有線のLANとして3台のPCを接続。さらに、プリントサーバーを経由してプリンターを共有する。
―というシステムを組んでいるのだけれど、あちこちでつまずいて、難しい。
LANの構築方法の本を見ながら、苦労して。^^;

バッファローのairstationを無線で使用したのだけれど、AOSSというのも、初体験で。受信機と発信機のAOSSボタンを同時に押すのだけれど、片方だけ押して、つながらない、とパニクったり。^^;

それから、プリントサーバーがなかなかネットワークで認識できなくて、これは苦労してしまった。

結局、成功したのだけれど、何が原因だったのか、いまひとつ分からない。

今、残された問題としては、ノートパソコンの無線カードがAOSS対応ではないこと。おかげで、無線で使えるはずのノートパソコンが有線でしか使えなくなってしまった。

暗号化のところをいじらないと、無線ではつかえないのだけれど、これもおそらくは半日仕事となる。ま。これは後回しか。

それから、今日、午前中は、コンタクトの頁を修正。
講演会もしますよ、ということで追記を行った。ま、当分、依頼も来ないと思うけど、そのうちには調子も出てくるだろう。(^0^)

  1. 2007/05/08(火) 14:37:28|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新しい拠点作り


さて、4月末から、日本の新居へ移った。
信州の山の中だ。
ここが「和を地球へ」の新しい拠点となる。
⇒コンタクト

まずは生活生活必需品を揃え、住めるようにするところから。
シドニーから送った引越し荷物は、まだ海の上なのだ。

生活を作る傍らでADSLを引き、ネットへのアクセスを確保。IP電話も無事設置。今日はプリンターが使えるようになった。
プリンターの接続は出来たのだけれど、ワイアレスでLAN接続までは出来なかった。IPアドレスの割り当てで、つっかえてしまって。

システム構築の傍らで、洗濯物のポールをつけたり、鏡を壁に取り付けたり、やかんや歯磨き粉を買ってきたり。
生活作りと「和を地球へ」の拠点作りを、同時に行っている訳だ。

てんやわんやで落ち着くにはほど遠く、まだ全く動きは取れないけれど、
…新しい土地で、僕の心は静かに燃えている。
  1. 2007/05/07(月) 00:14:39|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

日本に帰国して―3


閑話休題の続き。
平和の絵本とは無関係で恐縮。

東京の住宅街を歩いていたときのこと。
歩道の脇に畑がある。

まあ、住宅街に畑がある、ということ自体、豪州で見ることは無い。
都市計画で、土地の用途が綺麗に区分されているからだ。
役所の権限は日本よりもはるかに大きく、土地買収で何年も掛かるなんて、ありえない。
むろん、住宅街にある緑は、畑ではなく公園だ。

それはそれとして、歩道と畑の境に、有刺鉄線が1本、横に張られている。
思わず、ぎょっとした。

もともと狭い道路だ。もし、車とすれ違うなどで、歩行者が少し横を歩けば、有刺鉄線に引っかかってしまう。
危ないのは危ないが、まあ、それほど大きな怪我をする確率は高くは無い。きっと子どもが畑で遊んだりして入り込むのを阻止したかったのだろう。

僕がぎょっとしたのは、なんと訴訟に対して無防備なんだろうと。
あるいはなんと平和で甘いんだろうと。

僕は豪州に18年間住んだけれど、歩行者が触れる可能性がある道路で、有刺鉄線を見たことがない。

それは、歩行者の安全への気配りだろうし、またもし、そんなものを張っていたら、そして、もし歩行者が怪我をしたなら、あっという間に、訴訟沙汰となってしまう。

実際、小さなオフィスを借りるといった場合にも、もし自分のオフィスで、お客さんが転ぶなどの理由で怪我をしたら訴えられる可能性があり、そのための保険を15億円とかの上限でかけることが義務付けられている。public liablirityという保険なんだけど。
この保険に入らないと、賃貸契約をそもそも結んでもらえない。

あの畑の所有者の方、有刺鉄線で、歩行者が怪我をして訴えられる危険なんて、夢にも考えたことないんだろうなあ。。。

有刺鉄線がある日本と無い豪州、どちらがどうということでは無いのだけれど。
なんとも、違うものだ。

  1. 2007/05/02(水) 01:22:44|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad