私ども平和の絵本の、日々の活動日誌です。

2006年05月:「平和の絵本で-和を地球へ」活動日誌

TOPへ-活動日誌(平和の絵本から)

私どもの平和と癒しの運動の、日々の活動日誌です。

メルマガの開始とプレゼントキャンペーンの開始


メルマガの開始と、プレゼントキャンペーンを同時にwebにアップ。
いやはや、夜中まで掛かってしまった。^^;

こちょこちょとした関連頁の修正が、数十ページ! まだ、RSSやグーグルサイトマップその他、手が回りきらないが、ひとまず外から見えるところは、なんとかOK。

1~2週間したら、今度は、アメリカ国会議員のキャンペーンも開始できると思う。
やることは山ほどあるなあ!

プレゼントキャンペーンはこちらの寄付の頁へ。

メルマガは、こちら。宜しければ、ご登録ください。
  1. 2006/05/31(水) 23:54:29|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

テレビ東京 朝は楽しく! へ


さて、絵本のプレゼントは、テレビ東京 朝は楽しく!のプロデューサーさん。
フジテレビのワッツ!ニッポンのプロデューサーさん。
(株)TBSテレビ  きょう発プラスのプロデュ-サ-さん。
  1. 2006/05/31(水) 11:10:17|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プレゼントキャンペーンの準備


「平和の絵本から、ありがとう」ブログにも書いたのだが、三重県の老舗、「あおさ」や海苔の専門店の伊勢乾物株式会社さんが、「平和の絵本」の運動へ、実にありがたいことに協賛していただいた。
そして、プレゼント引換券を、無償ご提供してくださったのだ。

これを受けて、今日は、プレゼントキャンペーンの準備を行っている。
どう運用するか、とか、色々考える必要がある。

協賛企業といっても、そうそう簡単には、見つけられない。ずいぶん、アプローチしたけれど、時間ばかり掛かって、反応はほとんど無い。

そんな中で、伊勢乾物株式会社さんの協賛は、本当にありがたい。
ご好意を最大限生かせるように、いろいろと工夫しないと。

  1. 2006/05/30(火) 16:58:24|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フジテレビのス-パ-ニュ-スへ


今日の平和のメッセージ絵本のプレゼントは、株式会社フジテレビジョンのニュース番組、ス-パ-ニュ-スのプロデュ-サ-さん。
それから、同じくフジテレビの「とくだネ!」のプロデュ-サ-さん。
日本テレビ リアルタイムのプロデュ-サ-さんへも。

あとご寄付賜った東京の二子さんへも、寄付の御礼で5冊お送りした。

  1. 2006/05/30(火) 16:46:51|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アメリカ国会議員の名簿作り


今日は、ほぼ一日中、アメリカの国会議員の名簿作りを行った。
45人ずつ、12ページに分けて、名簿を作成しているのだが、まだ最初の4ページしか出来ていない。
人数が約540人と、多く、かなりの手間がかかる。

あと1週間ぐらいは、どうしても掛かるかなあ。

平和の絵本を送る先(絵本を旅立たせる先)として、キャンペーンの準備をしているのだけれど、いやはや大変!
いずれ、この運動が広がっていけば、我々で音頭を取らなくても済むようになると希望しているのだけれど。^^;

⇒平和の絵本の旅(贈り先の選定)の頁

⇒ボランティアのお願いの頁
  1. 2006/05/29(月) 16:31:01|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ニュースキャスターの鳥越俊太郎さんへ


今日の絵本の寄贈は、ニュースキャスターの鳥越俊太郎さん。
それから、確か埼玉?のベ平連の創立者で社会評論家の小沢遼子さん。
それから、軍事評論家として名高い江畑謙介さんへ。

可愛い絵本をお楽しみいただければと思う。
  1. 2006/05/29(月) 16:27:30|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

米国国会議員への寄贈キャンペーン準備


今日も、米国国会議員への寄贈キャンペーン準備に集中した。
作業としては、webの手直し、加筆。
本体webも、かなり大きく複雑化しているので、どこへキャンペーンの頁を持ってくるか、かなり迷った。

結論としては、平和の絵本の運動についての中に、ディレクトリーを作る、というもの。
独立ディレクトリーにするか、といったことも考えたのだが、時期尚早かな、と。
まだ、国会議員の540人の住所整理が手付かずで残っている。
まだまだ大変だ。^^;

世界を平和にしよう!-平和の絵本の運動の説明の頁
  1. 2006/05/28(日) 16:00:50|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

文藝春秋社へ


絵本の寄贈は、文藝春秋社。
(株)NISの大宅映子さん。(株)教育文化制作の兼高かおるさん。こころとからだの元気プラザの下村満子さんへ。
  1. 2006/05/28(日) 15:54:36|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マガジンハウスへ


さて、絵本のプレゼント。今日は日本の雑誌を中心に。
マガジンハウスはクロワッサンの編集長さん。株式会社潮出版社の潮の編集長さん。
それから、株式会社PHP研究所の「PHPほんとうの時代」へも。
  1. 2006/05/27(土) 17:48:32|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第一号のメルマガをアップロード


マグマグを利用して、第一号のメルマガをアップしてみた。
といっても、まだ承認待ち。
まさか不承認になることはないと思うけど。^^;

承認が下りないと読者登録や、実際の発行は出来ない仕組みらしい。
協賛者やボランティアを増やしていくためには、やはりこれも必要なんだろうな。
  1. 2006/05/27(土) 17:44:55|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アメリカ国会議員の住所整理


今日の作業としては、ほかにアメリカ国会議員の住所の整理。
なんせ上院と下院と合わせて、540人もいるのだから、大変!
何日か、掛かりそうだ。
それから、キャンペーンを始めるに当たって、webもかなり書き加えなければ。
しばらくは、この作業に時間を取られそうだ。

協賛企業の募集は、あまりに時間が掛かり、成果が少なく、ちょっとお休み。
  1. 2006/05/26(金) 13:57:52|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヤフーキッズとAllABoutJapanへの登録申請


いやはや、これで何回目になるのかな。

ヤフーキッズと、AllAboutへの登録申請を行った。平和の絵本というサイトでは、数回申請して全敗なので、今度は、個別の絵本でやってみた。
AllABoutは、子育て事情。河崎環さんという方がガイドなのだけれど、そこへ申請。
河崎さんは、子供の心理学にお詳しそうなので、「子供を犯罪者に育てる方法」に絞って、申請を行ってみた。幼児虐待とかの問題意識をお持ちの方なので、ピッタリだと思うのだけれど、見てもらえるかなあ?

それから、Yahooキッズの方は、道徳の範疇で「教育マシン」を申請してみた。

実際、「平和の絵本」全体だと、大人用の絵本もあり、絵本以外のメッセージその他もあり、子育て事情だけでは納まらず、また、子供用絵本という範疇にも納まらない。

そう思って、個別の絵本を申請してみたのだけれど。
ま、しつこく続けなきゃ、しょうがない。

絵本で描く非行、少年犯罪の心理「子供を犯罪者に育てる方法」

AllAbout子育て事情

絵本で描く道徳教育の陥穽―教育マシン
  1. 2006/05/26(金) 13:52:16|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

女性誌へ絵本のプレゼント


絵本のプレゼントは、女性誌を中心に。
主婦の友社 my40's編集長。それから、(株)中央公論新社の婦人口論編集長
それから、世界文化社 家庭画報編集長へ。

実際、女性の直感に期待している。(^^)
  1. 2006/05/26(金) 13:41:50|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メルマガの発行準備


これから、アメリカの国会議員他、様々なところへ、絵本を贈るキャンペーンをすることとなるかも知れない。
(かもしれない、というのは、我々だけではキャンペーンは成立しないので)

それを思うと、広く一般を対象としたメルマガも、ずっと懸案事項だったのだけれど、やはり発行を考える時かな、と。
それで、マグマグで、発行準備を行った。

記事を書く手間を考えると、ちょっと二の足を踏む所もあるのだけれど、まあ、しばらくは、少なくとも、協賛者が増えて、この運動が自立できるまでは、一生懸命、働く必要があるのだろう。

運動に時間をかけると、絵本の執筆が遅れ、辛いところではあるのだけれど。

・・・そんなことで、近々、一般を対象としたオープンなメルマガも、発行しようと思いますので、宜しく。


  1. 2006/05/25(木) 17:57:36|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワシントンのU.S. News & World Reportへ


今日の絵本のプレゼントは、ワシントンのU.S. News & World Reportへ
それから、(株)小学館 和樂 編集長、読売ウイ-クリ-編集長へも贈呈をした。
さらには、女性週刊誌も、ということで、光文社 女性自身の編集長さんへも。
  1. 2006/05/25(木) 17:50:43|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

米国国会議員への絵本のプレゼントのこと


ネットで探したところ、アメリカの国会議員の郵送先住所を見つけることが出来た。
昨日から、色々と考えているのだけど、キャンペーンを行なうこと、可能そうだ。

次のようなイメージ。

------------------------------------------------------
アメリカの国会議員へ、あなたの手で、平和のメッセージ絵本「魔法のメガネ」をプレゼントして頂けませんか?
------------------------------------------------------

そして、住所の一覧をwebに表示。誰でも、(絵本さえ手元にあれば)コピー、ペイストだけで、絵本を郵送できるように、する。
送り状は、すでにあるし。

重複を避けるために、送付者の誕生日で、リストを細分化する。
絵本をプレゼントしてもらったら、メールを送ってもらって、その議員さんには、贈り済みとする。
リストには、贈呈者のメッセ―ジその他を乗せる欄も作る。

うん。これ、出来るかも。

さらに、このキャンペーンについて、マスメディアにも協力を仰ぐ。
「アメリカの国会議員へ、平和のメッセージ絵本をプレゼント」というキャンペーンは、きっとマスメディアの関心も引くはず。

よっしゃ! 向こう1週間ぐらいは、この作業に集中してみよう。

⇒どうして絵本で世界を平和にするのか?
  1. 2006/05/25(木) 12:54:11|
  2. 懸案事項|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アメリカの国会議員への絵本のプレゼント


絵本のプレゼント先なのだけれど、在日米軍基地のアメリカ兵へは、是非、行いたいと思っている。
それから、アメリカの国会議員たちへも。

何せ超大国アメリカの、政治権力者たち。世界へ向けた平和と癒しの運動としては、必ず押さえておく必要がある先だ。

ただ、僕の気持ちとしては、数百人の国会議員たちへ、僕のオフィス、Wa for The Erathのみから、お贈りする、というのは、面白くないのだ。

あちこちの、普通の人々から、それぞれ別々に「魔法のめがね」が贈られてくる、というのでなくては、効果は半減してしまう。つまり、インパクトが薄い。

「魔法のめがね」を、アメリカの国会議員たちへお贈りし、善悪の危険について、考えていただくというのは、是非、行いたいこと。
そしてもし、彼らが善悪のめがねをしているなら、それを外してもらうことは、世界にとってとても重要なこと。

とはいえ、今は、認知度を高めることが、優先順位1位。
我々だけの力では、絵本を贈呈する、といっても、どうにも限界がある。共感者たちを一人でも多く集めて、世界中に絵本を流通させて、善悪の怖さへの気づきを広めたい。それに、アメリカの国会議員へ絵本をお贈りしても、認知度を高める、というニーズからは、意味があるようには、どうにも思えないのだ。むろん、平和の運動としては、とても重要なのだけれど。

そう思って、毎日、一生懸命、マスメディアや、共感してくれそうな著名人や、コラムニスト、平和団体などへ、絵本をプレゼントしているのだけれど、まだ、反応はない。

世界を相手に、焦りは禁物だけど、・・・ちょっとずつでも、できる範囲で超大国アメリカの国会議員さんとかに、「魔法のメガネ」プレゼントしていこうかな。
平和の運動として、とても重要な相手にプレゼントしない、というのも、やはり変だし。

まだまだ、一般に認知されるまでに、時間が掛かるだろうしなあ。。。

参考エントリ―
在日米軍基地への絵本贈呈について
  1. 2006/05/24(水) 18:44:18|
  2. 懸案事項|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

一輪の花(原爆を滅ぼすもの)の修正


今日は、一輪の花のweb絵本の修正を行った。
中身ではなく、ちょっとしたSEOの観点から。原爆」のキーワードでYahooで39位になったと思ったら、いつのまにか、310位に後退。
ありゃりゃりゃ、という感じ。^^;

SEOというのは、ほんとうに手間が掛かるし、難しい。この修正で、回復していくれると助かるのだけれど。

それから、協賛企業の募集のメールも。お店のwebを確認しながら、1通1通、時間をかけてお願いのメールをしているのだけれど、手間の割には、反応はあまり無い。
まあ、こんなもんなんだろうな… これはマラソン。一喜一憂せずに、がんばれ! 俺。

原爆が無くなる過程を絵とイラストで描く絵本「一輪の花」へ
  1. 2006/05/24(水) 18:25:42|
  2. 日誌|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

週刊現代へ


絵本のプレゼントは、週刊現代さんへ。先日、講談社の社長さんへお贈りしたので、講談社さんには2冊目かな。
それから、小学館の女性セブン編集長へも。
絵本なので、女性週刊誌にもお贈りしようと。
あと、先日、寄付してくれたPeterさんにも、絵本を5冊、お渡しした。

今回、製本版の絵本は、近藤さんの絵で行っているのだけれど、webのイラストレーターたちの絵本にも、結構、アクセスがある。

思いがけぬときに、megumikoさんも絵(イラスト)を提供してくださったし。

気合を込めてお贈りしている絵本。少しずつ、メッセ―ジが広がっていって欲しいものだ。

⇒イラストレーターの方々の絵、イラストで描く平和の絵本たち
  1. 2006/05/24(水) 18:12:29|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Reader's Digestへ


イギリスのリーダーズダイジェストへ、絵本をプレゼント。
それから、週刊SPAチームニッポン。
さらに、(株)講談社の社長、野間佐和子さんへも絵本をプレゼント。

⇒絵本でなぜ、世界平和なのか? ―平和の絵本の運動―
  1. 2006/05/23(火) 16:38:43|
  2. 絵本の旅立ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
NEXT
















































当サイトと無関係の広告;[

FC2Ad